スポーツ

大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中

通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク

通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク

「ドジャース大谷」が、メジャー7年目の開幕に向けてキャンプインした。ロサンゼルス・ドジャースの選手が練習する米アリゾナ州の施設には70人以上もの報道陣が詰めかけ、現地メディアは「こんなにも大勢の報道陣が集まるのはただごとではない」と伝えた。ドジャーブルーのウエアで精力的に汗を流す大谷翔平(29才)には、新天地に移った選手ならではの悩みもあるようだ。

「チームメートはもちろん、監督もコーチも裏方スタッフも、ほとんどが同じチームになるのは初めてです。挨拶する機会も多いのですが、同じ相手に2度“初めまして”と言ってしまわないかハラハラしているようです。相手をリスペクトし、対話を重視する大谷選手ならではの悩みと言っていいでしょう」(スポーツライター)

 今シーズンのドジャースは、韓国・ソウルで開幕を迎える。JTBは観戦ツアーの抽選販売を2月14日に開始したが、3月20・21日の開幕カード2試合のチケットつき「4日間ツアー」は72万8000円。どちらか1試合を観戦できる「3日間ツアー」は49万8000円。いずれも往復の航空券に5つ星ホテルの宿泊費などが含まれているが、それでも“高額”なのは間違いないだろう。

 一方の韓国では、“お出迎え”の準備は万全のようだ。韓国在住のライターが明かす。

「韓国の国民的女優であるイ・ヨンエ(53才)がMCを務める新しいトーク番組の企画が進行中なのですが、その初回ゲストとして、大谷選手に出演オファーをしているそうです。実現すれば、開幕戦のあたりで収録するとみられます」

 イ・ヨンエは、日本でもブームを起こした韓流ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の主人公を演じ、韓国では「最も影響力のある俳優」に選ばれたこともある。その初回ゲストのオファーというのだから、大谷は韓国国内でも爆発的な人気を誇っているのだろう。

「君の笑顔は成功」「すごい美人」

 大谷は今年7月に、30才の節目を迎える。野球界では「中堅」にさしかかる年齢だ。これまでさまざまな前人未到の記録を打ち立ててきた大谷だが、高校時代に書いた《人生設計ノート》の「26才で結婚」はまだ実現していない。だが、移籍に伴って、“新たな出会い”があった。今年2月、ファンフェスタに登場した大谷は、イベント後に報道陣に対応。その際、「大谷の隣に立っている長身の美女は誰だ?」と話題になった。

 193cmの大谷と並んでも引けを取らない抜群のスタイルの持ち主は、キルステン・ワトソンさん(30才)。昨年12月の入団会見後にも大谷への独占インタビューを実現しており、キャンプ初日となった2月9日(日本時間10日)の囲み取材でも大谷のすぐ隣をキープ。大谷を取材位置までそっとエスコートする様子もあった。ついにほかの取材メディアから、羨望を込めて「大谷のずっとそばにいる女性」と呼ばれるまでになったという。

 ワトソンさんは地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」で、ドジャースのメインリポーターを務めており、選手の声をファンに届ける役割を担っている。

「現地でも『君の笑顔は最高』『すごい美人』と評判でファンが続出しています。大谷選手へのさりげない心遣いにも好感が寄せられ、さらに注目の的です」(前出・スポーツライター)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン