スポーツ

大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中

通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク

通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク

「ドジャース大谷」が、メジャー7年目の開幕に向けてキャンプインした。ロサンゼルス・ドジャースの選手が練習する米アリゾナ州の施設には70人以上もの報道陣が詰めかけ、現地メディアは「こんなにも大勢の報道陣が集まるのはただごとではない」と伝えた。ドジャーブルーのウエアで精力的に汗を流す大谷翔平(29才)には、新天地に移った選手ならではの悩みもあるようだ。

「チームメートはもちろん、監督もコーチも裏方スタッフも、ほとんどが同じチームになるのは初めてです。挨拶する機会も多いのですが、同じ相手に2度“初めまして”と言ってしまわないかハラハラしているようです。相手をリスペクトし、対話を重視する大谷選手ならではの悩みと言っていいでしょう」(スポーツライター)

 今シーズンのドジャースは、韓国・ソウルで開幕を迎える。JTBは観戦ツアーの抽選販売を2月14日に開始したが、3月20・21日の開幕カード2試合のチケットつき「4日間ツアー」は72万8000円。どちらか1試合を観戦できる「3日間ツアー」は49万8000円。いずれも往復の航空券に5つ星ホテルの宿泊費などが含まれているが、それでも“高額”なのは間違いないだろう。

 一方の韓国では、“お出迎え”の準備は万全のようだ。韓国在住のライターが明かす。

「韓国の国民的女優であるイ・ヨンエ(53才)がMCを務める新しいトーク番組の企画が進行中なのですが、その初回ゲストとして、大谷選手に出演オファーをしているそうです。実現すれば、開幕戦のあたりで収録するとみられます」

 イ・ヨンエは、日本でもブームを起こした韓流ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の主人公を演じ、韓国では「最も影響力のある俳優」に選ばれたこともある。その初回ゲストのオファーというのだから、大谷は韓国国内でも爆発的な人気を誇っているのだろう。

「君の笑顔は成功」「すごい美人」

 大谷は今年7月に、30才の節目を迎える。野球界では「中堅」にさしかかる年齢だ。これまでさまざまな前人未到の記録を打ち立ててきた大谷だが、高校時代に書いた《人生設計ノート》の「26才で結婚」はまだ実現していない。だが、移籍に伴って、“新たな出会い”があった。今年2月、ファンフェスタに登場した大谷は、イベント後に報道陣に対応。その際、「大谷の隣に立っている長身の美女は誰だ?」と話題になった。

 193cmの大谷と並んでも引けを取らない抜群のスタイルの持ち主は、キルステン・ワトソンさん(30才)。昨年12月の入団会見後にも大谷への独占インタビューを実現しており、キャンプ初日となった2月9日(日本時間10日)の囲み取材でも大谷のすぐ隣をキープ。大谷を取材位置までそっとエスコートする様子もあった。ついにほかの取材メディアから、羨望を込めて「大谷のずっとそばにいる女性」と呼ばれるまでになったという。

 ワトソンさんは地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」で、ドジャースのメインリポーターを務めており、選手の声をファンに届ける役割を担っている。

「現地でも『君の笑顔は最高』『すごい美人』と評判でファンが続出しています。大谷選手へのさりげない心遣いにも好感が寄せられ、さらに注目の的です」(前出・スポーツライター)

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン