ライフ

妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!

イメージカット

幻滅するのは一瞬(イメージカット)

 夫婦関係を嘆く声は枚挙に暇がないが、不和の原因について理解が正確でないパターンも多そうだ。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 世の夫のみなさんは重々ご承知のとおり、妻には押すと困った事態を招く「スイッチ」が大量に潜んでいます。「夫にだってあるぞ!」と言いたいかもしれませんけど、張り合っても仕方ありません。まず自分にできるのは、なるべく「押してはいけない 妻のスイッチ」を押さないように気を付けること。それが、末永い夫婦円満への第一歩になります。

 家事、食卓、買い物、実家&義実家、旅行先など、スイッチの密集地帯はあちこちにあります。「おじさん世代」がとくに気を付けたいのが、ジェンダーや容姿や年齢に関連するスイッチ。「昭和なジェンダー意識」が、無意識のうちに「妻のスイッチ」を押して、大惨事を招いてしまうケースは後を絶ちません。

 自分では「オレは十分に今の常識についていけている」と思ってしまいがちなのが、ジェンダー意識の怖いところです。しかも、ここで幻滅されると、人間性まで否定されかねません。妻に愛想を尽かされないために、昭和の感覚を引きずっているおじさん世代の夫が、不用意に口にした言葉で押しがちな5つのスイッチを検証してみましょう。

●スイッチその1

シチュエーション:落ち込んでいたら妻に「どうしたの?」と聞かれた

「女にはわからないよ」

 心配して声をかけてくれた妻のやさしさには感謝していますが、こう聞かれても「じつは……」と話す気になれないのが、昭和世代のプライドであり意地。妻に心配をかけたくないという思いもあります。しかし、この返しはあまりに無謀。妻としては、差し伸べた手を振り払われたことが、まず不愉快です。しかも、無意識に女性を見下していたり、男性である自分を過大評価していたりしている本性が垣間見えて、深く幻滅するでしょう。

●スイッチその2

シチュエーション:体調が悪くて仕事を辞め、今は専業主婦をしている妻に

「いいなあ、俺も主婦になりたいなあ」

 表面的にはうらやましがっている言葉ですが、ぜんぜん仰ぎ見てはいません。それどころか「ラクしやがって」という失礼な気持ちが漏れ出ています。望んで専業主婦をしていたとしても、まったく感謝していないことが丸わかりになって、妻は激しく傷つくでしょう。まして仕方なく仕事を辞めた妻にこれを言ったら、取り返しがつきません。妻が「じゃあ、交代しようか」と言えないのを見越して言っているところも、かなり残念です。

●スイッチその3

シチュエーション:洋服を選びながら「どっちが似合う?」と妻に聞かれた

「どんな服を着ても、たいして変わらないよ」

 忌憚のない意見を言えば、そのとおりかもしれません。「これを言ったらマズイ」とわかってはいても、買い物に延々付き合わされて疲れているときに聞かれると、つい口が滑ってしまいそうです。長年連れ添った妻への甘えがあったり、ウケ狙いだったりという一面もあるかもしれません。自分なりに「三分の理」があったとしても、こう言われた妻は自分の全存在を否定された気になって、その怒りの炎はしばらくは鎮火しないでしょう。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン