芸能

《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」

谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)

谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)

 俳優でタレントの谷原章介(51)の長男・七音さん(ななと、20歳)が、若手イケメン俳優の登竜門「第37回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にエントリーしていることがわかった。

「七音さんは176センチのスラっとした体型で、まだデビュー前とは思えない華やかさがあります。ジュノンボーイを目指して、現在Instagramやライブ配信を頑張っています。ライブ配信サービスのプロフィールには、〈俳優をやっている父の影響でお芝居に興味を持ち、色々な作品を見ていく中で自分もこんな風に演じてみたいと強く思うようになり俳優を志しました〉と記載しています」(モデル業界の関係者)

 谷原は2月下旬に出演した『人生最高レストラン』(TBS系)で、「一番上の子が今年20歳になりまして、成人式は感慨深かったです」と語っていた。谷原といえば3男3女の父親で、芸能界きっての子煩悩で有名だ。谷原一家を知る人物が明かす。

「多忙な谷原さんですが、結婚当時から子育てに積極的に携わっています。一緒にお風呂に入ったり、寝かしつけたり。子供が好きなゲームや流行の音楽も、まずは自分も一緒に聞いてみるんだそうです。七音くんもそんな谷原さんを慕っていて、最近も谷原さんが出演する舞台を観に行っていました。

 また、料理好きの谷原さんは一家の夕食作りを担当していて、朝の生放送を終えた後はスーパーに寄ることが多いです。父や義母も含めた10人家族なので、ハンバーグや唐揚げはキロ単位で作るとか。長男はヘルシー系の料理が好きだそうで、以前、『一番上の子はタコライスとトマトのサラダが好物なんだ』と話していました」

 昨年4月に出版したレシピブック『谷原家のいつもの晩ごはん』(マガジンハウス)で、谷原は料理に込めた子どもたちへの愛情を明かしている。

〈もちろん、子どもたちにおいしくごはんを食べてほしい。楽しい食卓の思い出を記憶に刻んでほしい。親としてなら当たり前の想いも、料理の原動力になっていると思います〉(『谷原家のいつもの晩ごはん』より)

 愛情たっぷりの手料理ですくすく育った子どもたちだが、谷原は近年「子離れの時期が近づいている」と感じていたようだ。情報サイト『毎日キレイ』のインタビュー(2023年5月23日配信)では、子どもたちの成長について以下のように明かしている。

〈自分のもとからどんどん巣立って、自分の好きなもの、行きたい学校、進みたい道を見つけている。これまでが濃密だったからこそ、さみしいと感じて子離れしきれていません。6人もいるので、もうしばらくは子離れしなくてすみますが〉

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン