芸能

《元アイドル松本典子が告白》人気絶頂でプロ野球選手と結婚、熱狂的ファンからは『帰れ!』コールと事務所に届いた「カミソリ入り手紙」

当時17歳、デビューイベントでの松本典子

当時17歳、デビューイベントでの松本典子

 1985年、『春色のエアメール』で歌手デビュー。同期には、中山美穂、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯、本田美奈子、芳本美代子といったそうそうたる顔ぶれがズラリ。文字通りのアイドル全盛時代、華々しいスタートを切り多忙を極めるなかでは、「もうステージに立てない!」と思うほどの苦い経験もあったとか。1992年、現役アイドルとプロ野球選手との結婚は、世間を驚かせるビッグニュースに。あれから30年、ネット上には本人たちも驚きのガセ情報が出回っている!?【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
──アイドル時代のことも振り返らせてください。「18万325人」という歴代最多の応募者のなかから、網浜直子さんとともに「ミス・セブンティーンコンテスト」のグランプリを獲得したのが1984年。おそらく、そこから一気に生活が変わったと思います。当時の心境は?

「もう、なにがなんだか分からないという感じでしたね。とにかく、与えられたことをひとつひとつ一生懸命やらなきゃというだけで、自分のやりたいことを考える余裕もなかった。3ヵ月に1枚シングルを出すスケジュールで動いていたので、歌番組で新曲を披露しているときには、もう次のシングルやアルバム曲を録音しているような状況でした」

──プライベートの時間は?

「もう全然! です(笑)。当時のスケジュール帳は、ホントに真っ黒。それだけ忙しいと、今、自分がどこにいて、なにをしているのか分からなくなってくるんですよね。毎朝、事務所の方に『今日1日、どこでなにをするんですか?』って聞いて、あとは連れて行かれるままに移動して仕事をして、次の現場に移動して…の連続(笑)」

──デビュー曲『春色のエアメール』のリリースとほぼ同時に、シブがき隊主演の『バロー・ギャングBC』で映画にも初出演。まさに、鳴り物入りのデビューでした。ただ、この映画出演に絡んで、苦い思い出もあるそうですね。

「映画で共演させていただいたシブがき隊さんとは、当時、いろいろな現場でご一緒することが多かったのですが、ある公開放送でデビュー曲を初披露するためにステージに上がったら、シブがき隊のファンの方たちから『帰れ!』コールが……。その瞬間に固まってしまって、自分でもどう歌って、どうやってステージから降りたのか、まったく覚えてないぐらい。『もうシブがき隊さんと一緒のステージには立てない!』とまじめに思いました」

──当時のアイドルファンというのは、女性も男性も熱狂的でした。

「歌っているときに投げていただく紙テープも、普通は当たっても痛くないように芯を抜いてから投げるんです。私のときには芯が抜かれていない紙テープが、明らかに『狙って』飛んでくる。それをサッと避けながら歌ったりして(笑)。カミソリ入りの手紙も、たくさんいただきました。『いただきました』っていうのもおかしいんですけど(笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン