芸能

《松本典子が芸能界復帰》志村けんさんへの感謝と後悔を語る “変顔コント”でファン離れも「あのとき断っていたらアイドルも続いていなかった」

『志村けんのだいじょうぶだぁ』に出演していた松本典子(左・オフィシャルHPより)、志村けん(右・時事通信フォト)

『志村けんのだいじょうぶだぁ』に出演していた松本典子(左・オフィシャルHPより)、志村けん(右・時事通信フォト)

 1980年代、アイドル歌手として、またコント番組では大人気コメディエンヌとして活躍した松本典子さん(56)。当時レギュラー出演していた『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)は、新型コロナウイルスが猛威をふるっていた2020年4月に期間限定でYouTubeに無料配信され、世界各国の家庭に笑いと元気を届けてくれた。

 結婚後、長く芸能活動を休止していた松本さんだが、「ミス・セブンティーンコンテスト」グランプリ獲得から40年、ファン待望の活動再開に向けていよいよ動きはじめた──。【全3回の第1回】

 * * *
──こういったインタビューを受けるのは、かなり久しぶりだそうですね。

「今日ここへ来るまでも、すごく緊張しました(笑)。写真撮影は運転免許証を更新して以来です。1984年に『第3回ミス・セブンティーンコンテスト』でグランプリをいただいてから、今年でちょうど40年。主婦や母親としての仕事もいくぶん落ち着いてきたので、少しずつお仕事を再開していければと思っています」

──松本典子さんといえば、当初は「清純派・正統派アイドル」のイメージが強かったので、コントでの弾けぶりにはとても驚きました。

「そうですよね。当時はファンの方からも、『なんでそんなことするの?』とか『イメージと違う』という声がけっこうありました。直筆の手紙で、真剣に『そんなことをする人じゃなかった。やめてください』と訴えてくる方もいたりして。アイドルとしてきれいなままでいて欲しいという方には、眉毛が繋がった変顔メイクは嫌だったんでしょうね(笑)」

──当時は「バラドル」という言葉が使われ始めた頃ですが、松本さんは明らかに路線が違いました。

「もともと、ドリフターズさんの番組などにはちょこちょこ出ていたのですが、大きな転機となったのは、やはり志村さんの『だいじょうぶだぁ』へのレギュラー出演ですね。お話をいただいたとき、事務所の方から『こういう仕事のオファーがきてるんだけど、やるかやらないかの判断は任せる』って言われたんです。デビューしてからそれまで、仕事の選択権は私にはありませんでした。水着のグラビアも、戸惑いながらやっていた感じで(笑)。初めてだったんです、自分で決めさせてもらうのは」

──『だいじょうぶだぁ』は、本人の意思で断ることもできたわけですね。それでも、松本さんは「やる」と決めました。

「自分にとって、いい転機になるかもしれないし、ちょっと挑戦してみようかなと。実は、子どもの頃からバラエティー番組というものをほとんど見てこなかったので、まったく知らない世界でした。だから逆に、『とりあえず、楽しんでやってみよう』と思えたのかもしれません」

──まったく知らない世界だったなら、なおさら当初は苦労されたのでは?

「それが、苦労という気持ちはまったくなくて。志村さんが、すごく自由にやらせてくれる方だったのが大きかったんでしょうね。コントのなかでは普段できないことも経験できて、楽しいばかりでした。出演者同士で顔にパイをぶつけ合うのも、いいストレス解消になっていました(笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン