芸能

【担当番組がなくなった娘】野村萬斎、TBS日曜劇場初出演も「娘の野村沙也子アナは消えたまま」で局員ドギマギ

日曜劇場『アンチヒーロー』に出演する野村萬斎

日曜劇場『アンチヒーロー』に出演する野村萬斎

 狂言師の野村萬斎(57)が、4月期の日曜劇場『アンチヒーロー』に出演することが発表された。同作は長谷川博己が演じる主人公が「殺人犯でも無罪にする」ダークな物語。萬斎は長谷川と対峙する検事正役で、日曜劇場を含めTBSの連続ドラマは初出演となる。この配役に一部のTBS局員がザワついたという。

「萬斎さんの娘さん、野村彩也子アナ(26)です。彼女がいまちょっと局内で微妙な立場なので、このタイミングで父親がうちのドラマ出るんだ……っていう」(TBS関係者)

 野村アナは2020年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。1年目から『あさチャン!』 『ひるおび』を担当し、2年目にはテレビ、ラジオを合わせてレギュラー10本を抱える売れっ子に。

 だが、2023年に入るとレギュラー番組を続々と降板。同年秋には担当番組がゼロになる事態に。別のTBS関係者が言う。

「原因は度重なる遅刻によるものとされています。入社当初から時間にルーズだとは言われていて、とくに朝が苦手らしいんです。過去に『あさチャン!』を担当していた際は、出番ぎりぎりにスタジオ入りすることも珍しくなく、番組スタッフはひやひやしていました。スタッフが携帯に電話しても連絡がつかないこともあり、“彼女に重要な番組を任せるのは怖い”という声は日増しに大きくなっていきました」

「父娘共演で番宣」できればよかったけれど…

 2024年4月1日現在、TBSアナウンサーの公式HPによれば、野村アナの担当番組は空欄になっている。X(旧Twitter)とInstagramの更新も昨年8月で止まっており、近況はうかがい知れない。そこにきての、父・萬斎のTBSドラマ出演である。

「ドラマのスタッフも“娘さんの話題を出していいのか”とドギマギしていました。本来なら情報番組の番宣で萬斎さんが出て、父娘共演なんてことで話題作りができたかもしれないのですが、いまはとてもそういう空気ではなくて……」

 過去、野村アナは自身の番組を父親が見ていることを明かし、こんなエピソードを披露していた。

〈毎日、父からLINEでアドバイスが送られてきます。「今日の声のトーン良かったよ」、「フリップを持つ手はこの角度のほうがいいよ」など、話し方だけではなく、演出的な目線で角度やタイミングなども指摘してくれます。一番細かくアドバイスしてくれているのは父かもしれません(笑)〉(『マイナビニュース』2020年10月30日)

 アドバイスどころか娘の出演番組すらなくなったいま、萬斎の胸中はいかに。

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン