国内

《セクハラなどとは次元が違う》“初嫁”が「御神体」にまたがる奇祭に密着「恥ずかしいけどご利益ありそう」人口50人の村で行われる『ほだれ祭』の実態

祭りは瞬く間に全国的に有名な奇祭に

祭りは瞬く間に全国的に有名な奇祭に

 昨今、日本の伝統的な祭りの存続に変化と危機が訪れつつある。若者が馬に乗って壁を乗り越える三重県の「上げ馬神事」は動物虐待として炎上し、ふんどし姿の男たちが麻袋を奪い合う岩手県の「蘇民祭」は担い手不足から1000年以上続く歴史に幕を閉じる──。価値観の移り変わりや人口減少から多くの祭りが形を変えるなか、コロナによる休止を乗り越え、4年ぶりに開催された“奇祭”があった。「御神体」に女性がまたがり安産を祈る、新潟県の「ほだれ祭」だ。

 この祭りの舞台は新潟県長岡市栃尾の山間部にある村、下来伝。過疎化が進み、人口は現在50人の“限界集落”だ。「ほだれ祭」は1980年に始まった祭りで、「御神体」の上に栃尾に嫁ぎにきた女性「初嫁さん」を載せて担ぎ、安産を祈る。始まった当時から「越後の奇祭」と呼ばれているが、その御神体は見まごうことない「男性器」だ。

「来る人みーんな笑顔ですよ」

 なぜご神体がそれなのか。ほだれ祭実行委員会の星野清さん(70)によれば、こんな言い伝えがきっかけだったという。

「村の中心部にある御神木『下来伝の大杉』は、大昔は夫婦杉だったそうなんです。でもある時、雷に打たれて男杉が倒れ、女杉だけ残った。それ以降、村の男性の事故死や病死が増えたんですわ。

 どうしたものかと村人たちが頭をしぼり、この地域に盛んな米栽培の時に見られる『穂垂れ』と『男根』はなんだか似ている……と思ったんだかどうだか、ほだれ様と称した男性器を模した石像や木像を作って女杉の周りに祭ったら、次第に災厄が止んだと。俺らはそんな言い伝えを小さい頃から聞いてたもんで、何か村おこしとなるようなことはできないかと考えていたんです」

 星野さんは20歳の頃、村で青年団を発足。その青年団の活動は当初、月1回の定例会と称した飲み会や年一回の旅行などを行うことだったという。が、「酒飲むだけじゃ村には何も残らない」ということで、村に人を集める祭りの計画を立てたという。

「まあ、その話し合いもまた酒飲みながらというのもあって、気も大きくなりますわ。誰が言い出したか“日本一大きいほだれ様を作ろう”という話になったわけです。大杉を使って2年かけて男根型の木像を作りました。

 最初は嫁さんを『御神体』には乗せず、若い男衆がまたがって集落内を巡回し、途中で女性を乗せたりしたんです。その後、どうせなら村に来る嫁さんを迎え入れるようにして乗せようとなり、神輿のように担ぐようになった。その1回目の初嫁さんが、俺の嫁さんなんだけどね(笑)」

 祭りは深夜のお色気番組やNHKにも取り上げられ、瞬く間に全国的に有名な奇祭に。年を重ねるごとに参加者は増え、最盛期は2000人近くの人が訪れ、全国各地から「初嫁として『御神体』に乗ってみたい」という問い合わせが入るようになった。その後は村に嫁ぎにくる女性以外も“初嫁”として、多い時には5人から7人の女性を受け入れ、ご神体に乗せて担いだという。

 何かと炎上が多い昨今、女性をまたがらせることに「不謹慎」などといった声などが届くことはないのか。星野さんに聞くと、笑顔でこう答えた。

「そんなの、俺らも不謹慎だなんて思っていないし、クレームのような連絡も一度も入ったことがありません。なにより、来る人みーんな笑顔ですよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン