今年の初嫁は、新潟県見附市から来た岡真奈美さん(30)と茨城県鉾田市から来た古谷香織さん(41)

今年の初嫁は、新潟県見附市から来た岡真奈美さん(30)と茨城県鉾田市から来た古谷香織さん(41)

「オープンな気持ちで楽しんだ」外国人も

 初嫁さんではないものの、ほだれ様に友人らと一緒に乗り合わせた3人組にも話を聞いた。新潟県胎内市で小学校教師をしているという渡辺渚さん(26歳)は言う。

「最初は恥ずかしかったですけど、ご利益がありそうだと思って。上からの眺めは最高でした。司会者の方が『正常位で乗ってくださいね』って言ってて大爆笑でした。コンプラとかハラスメントだなんだってうるさい世の中ですけど、こういうお祭りで発散しないと、やってられないですよね」

 一緒に乗り合わせたアービー(24歳)とケイリー(27歳)も同じく小学校で英語教師をしているという。二人とも「オープンな気持ちで楽しんだ!」とのことだった。

 また、バナナと大根をほだれ様に奉納しようと一人で佇んでいた男性の姿もあった。富山県黒部市から来たという増田さん(40歳)に話を聞くと、恥ずかしそうにこう答えた。

「このお祭りのことをネットで知りました。実は恥ずかしながら彼女いない歴40年でして、このお祭りに来たら結婚願望が成就するかなと思って来ました。料理が美味くて可愛らしくて、家に帰りたいと思わせてくれる人と結婚したい。そんな女性に僕は尽くしたいし、そういう人のためにも仕事も頑張りたいし、日々の楽しさや苦しみさえも共有したいと思います」

 日本には8万以上の神社それぞれに季節ごとの祭りがあり、年間で約30万もの祭りが行われているという。この越後の奇祭もそのひとつだが、その運営は自治体による持ち出しで、資金不足や担い手不足などの要因でギリギリのところで存続している。前出の星野さんは言う。

「多い時では2000人以上の観光客が訪れたこの祭りですが、実行委員会のメンバーの平均年齢は今や60代と70代が中心で、あと何年続けられるのかそれが今の課題です。俺らで始めたことだから、俺らの手でなんとか続けていきたいけど、実際はそうもいかない。なんとか市を巻き込んだりして継続していきたいと思ってます」

 春の雪が舞う中で行われた越後の奇祭ほだれ祭りには、なんとも言えない熱気と精気に満ちていた。できることなら今後も続けてほしいものだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン