国内

《セクハラなどとは次元が違う》“初嫁”が「御神体」にまたがる奇祭に密着「恥ずかしいけどご利益ありそう」人口50人の村で行われる『ほだれ祭』の実態

祭りは瞬く間に全国的に有名な奇祭に

祭りは瞬く間に全国的に有名な奇祭に

 昨今、日本の伝統的な祭りの存続に変化と危機が訪れつつある。若者が馬に乗って壁を乗り越える三重県の「上げ馬神事」は動物虐待として炎上し、ふんどし姿の男たちが麻袋を奪い合う岩手県の「蘇民祭」は担い手不足から1000年以上続く歴史に幕を閉じる──。価値観の移り変わりや人口減少から多くの祭りが形を変えるなか、コロナによる休止を乗り越え、4年ぶりに開催された“奇祭”があった。「御神体」に女性がまたがり安産を祈る、新潟県の「ほだれ祭」だ。

 この祭りの舞台は新潟県長岡市栃尾の山間部にある村、下来伝。過疎化が進み、人口は現在50人の“限界集落”だ。「ほだれ祭」は1980年に始まった祭りで、「御神体」の上に栃尾に嫁ぎにきた女性「初嫁さん」を載せて担ぎ、安産を祈る。始まった当時から「越後の奇祭」と呼ばれているが、その御神体は見まごうことない「男性器」だ。

「来る人みーんな笑顔ですよ」

 なぜご神体がそれなのか。ほだれ祭実行委員会の星野清さん(70)によれば、こんな言い伝えがきっかけだったという。

「村の中心部にある御神木『下来伝の大杉』は、大昔は夫婦杉だったそうなんです。でもある時、雷に打たれて男杉が倒れ、女杉だけ残った。それ以降、村の男性の事故死や病死が増えたんですわ。

 どうしたものかと村人たちが頭をしぼり、この地域に盛んな米栽培の時に見られる『穂垂れ』と『男根』はなんだか似ている……と思ったんだかどうだか、ほだれ様と称した男性器を模した石像や木像を作って女杉の周りに祭ったら、次第に災厄が止んだと。俺らはそんな言い伝えを小さい頃から聞いてたもんで、何か村おこしとなるようなことはできないかと考えていたんです」

 星野さんは20歳の頃、村で青年団を発足。その青年団の活動は当初、月1回の定例会と称した飲み会や年一回の旅行などを行うことだったという。が、「酒飲むだけじゃ村には何も残らない」ということで、村に人を集める祭りの計画を立てたという。

「まあ、その話し合いもまた酒飲みながらというのもあって、気も大きくなりますわ。誰が言い出したか“日本一大きいほだれ様を作ろう”という話になったわけです。大杉を使って2年かけて男根型の木像を作りました。

 最初は嫁さんを『御神体』には乗せず、若い男衆がまたがって集落内を巡回し、途中で女性を乗せたりしたんです。その後、どうせなら村に来る嫁さんを迎え入れるようにして乗せようとなり、神輿のように担ぐようになった。その1回目の初嫁さんが、俺の嫁さんなんだけどね(笑)」

 祭りは深夜のお色気番組やNHKにも取り上げられ、瞬く間に全国的に有名な奇祭に。年を重ねるごとに参加者は増え、最盛期は2000人近くの人が訪れ、全国各地から「初嫁として『御神体』に乗ってみたい」という問い合わせが入るようになった。その後は村に嫁ぎにくる女性以外も“初嫁”として、多い時には5人から7人の女性を受け入れ、ご神体に乗せて担いだという。

 何かと炎上が多い昨今、女性をまたがらせることに「不謹慎」などといった声などが届くことはないのか。星野さんに聞くと、笑顔でこう答えた。

「そんなの、俺らも不謹慎だなんて思っていないし、クレームのような連絡も一度も入ったことがありません。なにより、来る人みーんな笑顔ですよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン