ライフ

【ブームから50年】いま再び注目される『ノストラダムスの大予言』 “2027年に大きな事件”“小惑星の地球衝突”…研究者が注目する予言

『ノストラダムスの大予言』が再び注目を集めている

『ノストラダムスの大予言』が再び注目を集めている

 世界滅亡の予言が衝撃を与えたノストラダムスのブームから50年。「終末の時」とされた1999年は過ぎ去り、ノストラダムスの名前は忘れ去られていった。だが、この予言が再び注目されている。第二のノストラダムスブームの背景と、さらなる「恐怖の予言」とは──。

予言は「西暦3797年まで」

〈1999年の7の月、空から恐怖の大王が降りてくる〉──。人類滅亡を示唆する「ノストラダムスの大予言」が、作家・五島勉氏(故人)によって日本に紹介されたのは1973年11月のこと。同名の書籍は刊行直後から反響を呼び、翌1974年にミリオンセラーとなった。同書はシリーズ化され、現在まで累計600万部を超える大ベストセラーになっている。

 書籍の内容は、フランスの医師で占星術師のミシェル・ノストラダムス(1503~1566年)が1555年に著した「予言集(詩集)」を翻訳、解釈したもので、そのなかでもとくに注目されたのが、冒頭で触れたショッキングな記述だった。オカルト・予言に詳しいライターの白神じゅりこ氏が解説する。

「1000篇に及ぶノストラダムスの予言は『四行詩』や『六行詩』という独自の短文形式で記され、難解で抽象的なものが多いのが特徴です。ゆえに、1999年の“恐怖の大王”についても、『巨大彗星の衝突』や『核戦争の勃発』、『甚大な天変地異』など、さまざまな解釈がなされ、人々の恐怖心を煽ってきました」

 幸いなことに20世紀末に「恐怖の大王」が降臨することはなく、やがて人々の関心は薄れていった。だが、ノストラダムスの予言は1999年で完結したわけではない。前出・白神氏が言う。

「ノストラダムスは息子・セザールに宛てた手紙で、“西暦3797年までの予言をしている”と記していました。1999年の人類滅亡説は、一部の研究者による解釈が独り歩きしたものと考えられます」

 50年前のブーム当初は、中東危機の勃発やオイルショックによる経済低迷、環境汚染の深刻化など社会不安が広がっていた。現代もまたイスラエルとガザの紛争で中東が揺れ、地球温暖化や異常気象をはじめとする環境問題が盛んに叫ばれる。閉塞感が世の中を覆い尽くすなか、世界で再びノストラダムスの予言が注目を集め始めた。その詳細に触れる前に、まずこれまでに的中したノストラダムスの予言を振り返ろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン