ライフ

【ブームから50年】いま再び注目される『ノストラダムスの大予言』 “2027年に大きな事件”“小惑星の地球衝突”…研究者が注目する予言

『ノストラダムスの大予言』が再び注目を集めている

『ノストラダムスの大予言』が再び注目を集めている

 世界滅亡の予言が衝撃を与えたノストラダムスのブームから50年。「終末の時」とされた1999年は過ぎ去り、ノストラダムスの名前は忘れ去られていった。だが、この予言が再び注目されている。第二のノストラダムスブームの背景と、さらなる「恐怖の予言」とは──。

予言は「西暦3797年まで」

〈1999年の7の月、空から恐怖の大王が降りてくる〉──。人類滅亡を示唆する「ノストラダムスの大予言」が、作家・五島勉氏(故人)によって日本に紹介されたのは1973年11月のこと。同名の書籍は刊行直後から反響を呼び、翌1974年にミリオンセラーとなった。同書はシリーズ化され、現在まで累計600万部を超える大ベストセラーになっている。

 書籍の内容は、フランスの医師で占星術師のミシェル・ノストラダムス(1503~1566年)が1555年に著した「予言集(詩集)」を翻訳、解釈したもので、そのなかでもとくに注目されたのが、冒頭で触れたショッキングな記述だった。オカルト・予言に詳しいライターの白神じゅりこ氏が解説する。

「1000篇に及ぶノストラダムスの予言は『四行詩』や『六行詩』という独自の短文形式で記され、難解で抽象的なものが多いのが特徴です。ゆえに、1999年の“恐怖の大王”についても、『巨大彗星の衝突』や『核戦争の勃発』、『甚大な天変地異』など、さまざまな解釈がなされ、人々の恐怖心を煽ってきました」

 幸いなことに20世紀末に「恐怖の大王」が降臨することはなく、やがて人々の関心は薄れていった。だが、ノストラダムスの予言は1999年で完結したわけではない。前出・白神氏が言う。

「ノストラダムスは息子・セザールに宛てた手紙で、“西暦3797年までの予言をしている”と記していました。1999年の人類滅亡説は、一部の研究者による解釈が独り歩きしたものと考えられます」

 50年前のブーム当初は、中東危機の勃発やオイルショックによる経済低迷、環境汚染の深刻化など社会不安が広がっていた。現代もまたイスラエルとガザの紛争で中東が揺れ、地球温暖化や異常気象をはじめとする環境問題が盛んに叫ばれる。閉塞感が世の中を覆い尽くすなか、世界で再びノストラダムスの予言が注目を集め始めた。その詳細に触れる前に、まずこれまでに的中したノストラダムスの予言を振り返ろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン