国内

小学校の卒業文集が続々と廃止、「保護者からのクレーム」「残業時間増加」「個人情報特定」などがリスクに

廃止の動きが広がっている卒業文集(写真/GettyImages)

廃止の動きが広がっている卒業文集(写真/GettyImages)

 将来の夢を語る人、楽しかった思い出を振り返る人、悔しさや涙を告白した人もいるだろう。向き合い方は十人十色だからこそ、卒業文集は唯一無二の魅力を放つ。この卒業文集という文化がいま、消えようとしている──。

《本年度より、6年生の卒業文集を廃止いたします。(中略)卒業アルバムは卒業文集を除いた構成で制作いたします》──兵庫県神戸市にある多聞東小学校の「学校だより」にこんなお知らせが掲載されたのは、昨年11月のことだった。児童たちはこの春、卒業文集を書かずに卒業した。

 しかし、これは昨今では異例なことではないという。日本各地でこれまで「あって当たり前」だった卒業文集が、京都市や札幌市などの小学校でも姿を消しつつあるというのだ。

 文集の廃止が進んでいるのには、こんな理由があるという。神戸市学校教育課の坂田仁課長が話す。

「教員がより一層児童たちと向き合い、真に必要な教育活動に注力するため、これまで当たり前に行われていた慣習を見直しているからです。

 卒業文集はたいてい11月頃から3か月ほどかけて制作しています。添削のために教員が休み時間や放課後の時間を費やすこともあり、残業時間増加の一因にもなります。卒業文集を廃止することで、教員の長時間労働を是正できればと思っております」

 卒業文集の文化が健在である都内の小学校に勤める若手教師のAさんが、ため息交じりに話す。

「卒業文集は、保護者のかたもご覧になりますし、出来上がったものを読んでクレームを入れるかたもいます。もし刷り直しという事態になったら一大事なので、表現に慎重にならざるを得ません……。

 たとえば、うちの学校では、文集内に特定の児童の名前を出さないルールにしています。意図しない文脈で名前を出されてしまい、傷つく児童がいるかもしれないからです。それでも名前を出して書いてしまう子もいる。そうなると、印刷前に教員から児童に『友達』という表現に変えられないか、相談しなければいけません。これが一苦労です。

 さらに、外国人児童の数がここ10年で2倍近くに増えています。なかには日本語の読み書きが苦手な児童もいるので、日本語の指導と作文の指導を同時にするという新たな苦労も増えました。以前よりもはるかに時間がかかるようになり、大きな重荷です」

 書き方の変化も教員を苦しめているという。

「以前は手書きでしたが、いまはパソコンでタイピングをする学校も増えています。すると、タイピングが苦手な子も少なくないため、結局は教師が代わりに打ってあげるということもあるそうです」(教育関係者)

関連記事

トピックス

SNSで拡散されている動画
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン