芸能

《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」

初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児

初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児さん

 幼児向け教育エンタメ番組『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)の初代うたのおにいさんとして知られ、1976年には世界的にヒットしていた『ビューティフル・サンデー』の日本語版カバーが大ヒット。紅白歌合戦に出場するなど、同曲を明るく爽やかに歌った田中星児さん(76)だが、最近、その美声は聞こえてこない。いったいどうしているのか。公式ホームページもなく、事務所もない。関係者を通じて田中さんとコンタクトを取り、インタビューが実現した。コロナ禍で「外に出ないようにしていた」と語る田中さんは、取材中もギターで生歌を披露してくれた。そんな田中さんは“いったいいつまで歌っていけるのか”と自問自答することがあるという。その理由を聞いた。【前後編の前編。後編を読む

 * * *
 僕はプロダクションに所属せず、母や姉に相談し手伝ってもらいながら、1人で活動してきました。SNSもやっていません(笑)。SNSから仕事に繋がることもあるでしょうが、時代についていけなくて。荒れる、とか、デジタルタトゥーになるとかも聞くので避けています。だから、仕事は今までお付き合いしてきた仕事関係や音楽仲間などからいただく話に限られ、今では本当に歌の仕事は少なくなりました。

 この数年はコロナも影響しましたね。僕は気が小さいものですから、なるべく外に出ないようにして、外出時にマスクをし、帰宅したら手洗い、うがいに洗顔。ワクチンも7回受け、おかげでコロナには一度も罹っていませんが、歌の活動はストップしてしまいました。

 コロナ前の2019年までは毎年、鹿児島いちき串木野市にある鎭國寺(ちんこくじ)の春と秋のお祭りに呼んでいただいていました。そこで「ハッピーブリンデン」というNPO法人と一緒に、身体が不自由な方もそうでない方も一緒に楽しめる『歌のバリアフリーコンサート』を行っていました。そろそろまた再開するという話もあります。「ハッピーブリンデン」のみんなに会いたい、復活するといいな、と思います。

 兵庫県伊丹市では『ビューティフル・サンデー』がヒットした当時から、長年、『ビューティフル~』で盆踊りを踊っているのだと、朝日新聞の記者さんから取材で聞き、それがきっかけで2016年から毎夏、呼んでいただくようになりました。でも、これもコロナで縮小されて、呼ばれなくなってしまいました。残念ですね。

関連記事

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン