国内

【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ

(写真/PIXTA)

“業界の闇”が次々と明るみに(写真/PIXTA)

「老化による視力低下を食い止めたい」、「血圧やコレステロール値を下げたい」、「シミやしわを薄くしたい」──健康や美容を願って手にしていたはずのその一錠、一剤が実はあなたの体に害を与えていたことが紅麹騒動で明らかになった。“気軽に手に入れられる健康と美容”の代償について考えたい。【前後編の前編。後編を読む

“業界の闇”ともいうべき点が次々と

 衝撃の事実が明らかになった3月下旬から、事態は混迷を深める一方だ。紅麹を原料とした小林製薬のサプリメントによる健康問題は入院患者が226人、相談件数は約7万3000件に上るなど(4月15日現在)、いまも収束の兆しが見えないどころか、サプリメントの効果効能、副作用、製造過程における問題点など、“業界の闇”ともいうべき点が次々と明るみに出ている。

 一連の問題について焦点となっているのが、「紅麹自体に問題はなく、なんらかの要因により青カビ由来で毒性がある天然化合物・プベルル酸が混入した」ということだ。しかし、そもそもサプリメント自体の効果効能について、東京大学非常勤講師の左巻健男さんは疑問を呈する。

「のめば健康になる、不調が改善するなど、まるでサプリメントを医薬品と同じようにとらえている人が多いのですが、まったく異なるものです。サプリメントはあくまで食品であり、薬のような効果はありません。サプリメントの法規制は食品衛生法によって定められており、有効性も安全性も薬とは違う」

 また、異物が混入せずとも成分そのものが危険なものもある。

「効果についての根拠は非常に曖昧です。それどころかなかには有害事例を引き起こす可能性のある成分も多数報告されています」(左巻さん)

 薬剤師で、和光鍼灸治療院・漢方薬局代表の平地治美さんも、サプリメントの効果については懐疑的だ。

「医薬品は、ものによっては何十億、何百億円というお金と、何十年という開発期間を経て世に出ます。一方で、健康食品であるサプリメントの場合は、自由に製造・販売することができる。今回のように大きな健康被害が明らかにならない限り、販売中止などの措置をとられることもありません。

 品質の維持についても医薬品のような厳格さは求められないため、商品によって品質にばらつきもあり、すべての製品に有効性や安全性が担保されているとは言い難いのが実状です」

 そもそも、人間を対象とした集団効果の調査すらできているとは言い切れないと、左巻さんは続ける。

「人体にどの程度の効果があるかを調べるのは莫大な時間とお金がかかる。それらをせずに、試験管や動物実験レベルで済ませているケースもあります」

 紅麹を原料とした小林製薬のサプリメントについて、製造工程や衛生管理体制などを確認するため厚労省職員らによって子会社の和歌山工場への立ち入り検査が行われた(3月31日)。

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン