国内

《那須町男女遺体遺棄事件》剛腕経営者だった被害者は近隣店舗と頻繁にトラブル 上野界隈では中国マフィアの影響も

逮捕された平山容疑者

逮捕された平山容疑者

「名前は言えないが、ある人から依頼を受けた。(被害者の)名前も知らないし、顔を見たこともない」──栃木県那須町で男女2人の遺体が発見された事件。4月21日に死体損壊容疑で逮捕された建設業の平山綾拳容疑者(25才)は、警察の取り調べに対し、こんな供述をしているという。

「遺体は顔にビニール袋をかぶせられ、粘着テープでぐるぐる巻きにしたうえで、火をつけられていました。男性は東京・上野で複数の飲食店を経営する宝島龍太郎さん(55才)で、女性は宝島さんの妻とみられています」(警察関係者)

 被害者は上野界隈ではよく知られた存在だったという。

「宝島さんは十数年前に中国から帰化したとみられ、中国語だけでなく韓国語もペラペラ。雇っている従業員も外国人ばかりでした。空いたテナントにどんどん出店するので、彼の店が密集する商店街の通りは『宝島ロード』と呼ばれるほど。一方で、強引なところもあり、近隣店舗とのトラブルは絶えませんでしたね。客の奪い合いで、警察沙汰になったこともあったとか」(上野の飲食店関係者)

 毎日自転車で妻とともに店の集金にまわり、2人の娘がいた宝島さん。家族のSNSではにこやかな笑顔で写真におさまる彼だが、押しの強い剛腕経営者という別の顔もあったようだ。

「宝島さんがそうした経営トラブルによって恨みを買い、事件に巻き込まれた線が濃厚とみられています。上野界隈は中国マフィアの影響力が強く、犯行に彼らがかかわっているという見立てもある。

 中国マフィアの仲間内で、“ウェルダン”や“よく焼き”と呼ばれる、顔面をテープでぐるぐる巻きにして焼き殺す手口があります。彼らの存在を見せつけるようなやり口ですが、宝島さんの遺体の処理の仕方を見て、『まさにウェルダンだ』という声があがっているそうです」(全国紙社会部記者)

 逮捕された平山容疑者が「アニキに頼まれて車や携行缶を準備しただけ」と供述しているとも報道された。

遺体で発見された宝島さん

遺体で発見された宝島さん

「宝島さんは殺害される前に東京の品川区で複数人と車に乗り込む姿が確認されており、犯行には多数の人間が関与しているとみられています。ただ、犯人たちにどんなつながりがあり、どれほどの規模なのかはまだ判然としません。平山容疑者は取り調べには応じているのですが、供述に曖昧なところがある。ごまかしているのか、単に伝えるのが下手なのか……。

 殺害には関与していないと主張しているようですが、粘着テープやガソリン、携行缶は平山容疑者が購入している。主犯格の人間から犯行グループに『死体を燃やせ』という指令があったことは間違いないでしょう。解明には時間がかかりそうです」(前出・警察関係者)

 見ず知らずの男たちに連れ去られ、命を奪われたのだとしたら、被害者たちの恐怖はいかばかりだったか。遺族の悲しみを晴らすためにも、全容解明が待たれる。

※女性セブン2024年5月9・16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン