芸能

ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的

『虎に翼』の公式Xより

現在放送中『虎に翼』の公式Xより

 熱血漢やまじめな堅物、イケメンエリートというイメージからはかけ離れ、人気の弁護士ドラマの魅力は強烈な個性にあった。ドラマウオッチャーたちが語る歴代最高の作品とは──。

 放送開始から1か月がたっても勢いが止まらないNHK連続テレビ小説『虎に翼』。伊藤沙莉(30才)演じるヒロインが司法試験に合格し、祝賀会を開いた5月10日放送回の平均世帯視聴率は16.9%で、4度目の最高タイ記録を迎えた。日本初の女性弁護士・三淵嘉子さんをモデルに、男ばかりの法曹界で活躍した力強い女性像が描かれる。

 今クールのドラマのなかで、同作と双璧を成す作品が長谷川博己(47才)が殺人犯をも無罪にしてしまう“危険な弁護士”を演じる『アンチヒーロー』(TBS系)だ。両作の魅力をコラムニストの吉田潮さんは、こう力説する。

「『虎に翼』は弁護士になる前の寅子の艱難辛苦を丁寧に描いているゆえに感情移入しながら寅子を応援し、見守る楽しさがある。弁護士になった後の展開も期待できますし、法律の解説もテンポがよく、登場人物の性格もはっきりしていて、非常にわかりやすい。反対に『アンチヒーロー』はタイトルのように、ギリギリ法律に触れないところを攻める弁護士・明墨のミステリアスさや黒を白にする逆転劇が魅力です」

 正反対の両作が今期のドラマを牽引する人気を集める理由は、“弁護士ドラマ”が持つ引力にある。コラムニストの木村隆志さんが言う。

「法廷シーンが必須の弁護士ドラマは必ず敵と味方がいるから、勧善懲悪モノとして悩まずにドラマの世界に入り込め、最後はスカッとした気分で見終わる。テーマもいろいろ描けてストーリーに幅を持たせることができ、おもしろいドラマが生まれやすい。医療、刑事ドラマも定番ですが、生死をめぐった内容は仕事や家事で疲れてホッと一息つきたい夜にはハードルが高い。弁護士ドラマに名作が多いのは、そうした理由からだと考えられます」

 では、ベスト・オブ・弁護士ドラマはどの作品か。識者らに投票してもらった。ランキングは以下の通りだ。

【選出方法/今井舞さん(コラムニスト)、木村隆志さん(コラムニスト)、ペリー荻野さん(コラムニスト・時代劇研究家)、吉田潮さん(コラムニスト)、恭子さん(51才・主婦)、莉子さん(42才・会社員)の4名に平成以降に放送された「おもしろい弁護士ドラマ」を挙げてもらい、1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として集計、回答を掲載した】

1位『リーガル・ハイ』(フジテレビ系、2012年、主演・堺雅人) 27点

『99.9 刑事専門弁護士』(TBS系、2016年、主演・松本潤) 

『99.9 刑事専門弁護士』(TBS系、2016年)

2位『99.9 刑事専門弁護士』(TBS系、2016年、主演・松本潤) 9点

『離婚弁護士』(フジテレビ系、2004年、主演・天海祐希) 

『離婚弁護士』(フジテレビ系、2004年)

3位『離婚弁護士』(フジテレビ系、2004年、主演・天海祐希) 8点
4位『SUITS/スーツ』(フジテレビ系、2018年、主演・織田裕二) 7点
5位『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、2019年、主演・坂口健太郎) 6点
6位『弁護士のくず』(TBS系、2006年、主演・豊川悦司) 5点

『石子と羽男—そんなコトで訴えます?—』(TBS系、2022年、主演・中村倫也、有村架純)

『石子と羽男—そんなコトで訴えます?—』(TBS系、2022年)ドラマの公式Xより

6位『石子と羽男—そんなコトで訴えます?—』(TBS系、2022年、主演・中村倫也、有村架純) 5点
6位『マチベン』(NHK、2006年、主演・江角マキコ) 5点
9位『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系、2016年、主演・竹野内豊) 4点
10位『ひまわり』(NHK、1996年、主演・松嶋菜々子) 3点
10位『グッドワイフ』(TBS系、2019年、主演・常盤貴子) 3点
12位『元彼の遺言状』(フジテレビ系、2022年、主演・綾瀬はるか) 2点
12位『慰謝料弁護士〜あなたの涙、お金に変えましょう〜』(読売テレビ・日本テレビ系、2014年、主演・田中直樹) 2点
12位『悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜』(フジテレビ系、2019年、主演・要潤) 2点
15位『都会の森』(TBS系、1990年、主演・高嶋政伸) 1点

『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系、2018年、主演・米倉涼子) 

『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系、2018年)ドラマの公式Xより

15位『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系、2018年、主演・米倉涼子) 1点

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン