スポーツ

DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」

勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)

勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)

 5年ぶりにNPBに復帰したDeNAの筒香嘉智(32)がスポーツ紙を連日賑わせている。復帰戦となった5月6日ヤクルト戦では逆転3ラン、11日阪神戦では最大7点差をひっくり返す勝ち越しソロと、勝負所で大活躍だ。

 米国ではなかなか結果を残せず、帰国後も二軍での打率は.176で長打はゼロ。実戦から長く離れていたこともあり、一軍昇格には時期尚早との声も多かった。

「筒香は二軍で、成績よりも日本投手の“間”に慣れることを目的に調整していました。米国では素早い投球動作で剛速球を投げ込む投手に対応するのに苦慮していたが、今度は投球動作のなかで間をつくる日本の投手に対応し直す必要があった。青木宣親(42)や秋山翔吾(36)がNPBに復帰する際も、同じように時間を費やしていた」(スポーツ紙デスク)

 もうひとつ関係者が懸念していたのが、筒香を取り巻くチーム環境だ。

「この5年でチームは大幅に若返りし、主砲・牧秀悟(26)含め一軍選手の約半数が筒香とは初めて同僚になる。今は非常に若くてノリが良いチームに変わっています。筒香は口数が少なく、行動や結果でリーダーシップを示してきたタイプなので『チームに馴染めるのか』と不安の声があった」(球団関係者)

 メジャー帰りの大先輩が、自ら話しかけるタイプではない──そうして生まれそうな距離感を縮めたのは、若手中心のチームらしい“チャラい歓迎”だったという。

「復帰戦の試合前、筒香が選手、スタッフの前で挨拶をしたところ、一同無反応。一瞬冷たい空気が流れましたが、突然、音楽が爆音で流れ出し、牧が『ゴウさん、お帰りなさい!』と音頭をとるや、どんちゃん騒ぎが始まった。

 大谷翔平(29)が初ホームランを打った時にやられた、あえてヒーローを無視する“サイレント・トリートメント”です。これには筒香も苦笑いでしたが、リラックスできて距離も縮まったようです」(同前)

 年長者として若いチームを背中で引っ張れるか。

※週刊ポスト2024年5月31日号

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン