ライフ

【新刊】政治分野でのジェンダーギャップ指数138位…日本の惨状にエンタメで切り込む、新川帆立氏『女の国会』など4冊

 新生活の慌ただしさが落ち着き、気のゆるみから疲れやストレスが表れやすいこの時期。そんなときこそ読書を楽しむことで、日々の苦悩を忘れるのもいいかもしれない。新たな発見をもたらしてくれる新刊4冊を紹介する。

「女に生まれてごめんなさい」この遺書が真に意味したものとは?

「女に生まれてごめんなさい」この遺書が真に意味したものとは?

『女の国会』/新川帆立/幻冬舎/1980円
 2023年は125位と順調にランクを落とす日本のジェンダーギャップ指数。中でも政治分野は138位と目も当てられない。本書はそんな惨状にエンタメで切り込む。「お嬢」と呼ばれた与党代議士の自死を巡り、彼女のイケメン婚約者、野党の憤慨おばさん、若き政策秘書、過労気味の女性記者などが入り乱れる。捻りのある真相はやや観念的でも選挙や政局の場面にはリアリティが。

舞台愛&音楽愛がみっしり。作中で著者が創案した舞台にもご注目を

舞台愛&音楽愛がみっしり。作中で著者が創案した舞台にもご注目を

『spring』/恩田陸/筑摩書房/1980円
 題名は人名から。バレエのバの字も知らなかった8歳でバレエ教室の先生に見いだされ、15歳でドイツのバレエ学校に留学する萬春。彼が踊りや振付に天賦の才を発揮するさまを、留学同期の純など3人の視点を通して描き、最終章では春が自分自身を語る。特筆すべきは著者が創案した舞台。オーケストラの各楽器をダンサーに置き換える『ボレロ』の演出にはちょっと身震い。

強い木に蔦が絡み付くように、強くて優しい人ほど重荷を背負わされる(本文より)

強い木に蔦が絡み付くように、強くて優しい人ほど重荷を背負わされる(本文より)

『絞め殺しの樹』/河崎秋子/小学館文庫/990円
 戦前戦後を忍耐強く生きたミサエの一代記にして隠された血脈の物語。根室生まれ、父母を知らず新潟で育ったミサエは、縁ある吉岡家の頼みで根室に戻る。そこで待ち受けていた牛馬以下の過酷な労働。富山の薬売り小山田のおかげでミサエは勉学に励み、札幌の薬問屋に勤め、保健師として根室に戻る。圧倒的な読み心地。直木賞受賞への架け橋となった北海道クロニクルだ。

現在放送中のNHK同名ドラマの原作。貧困ビジネスになりかねない生殖医療の今

現在放送中のNHK同名ドラマの原作。貧困ビジネスになりかねない生殖医療の今

『燕は戻ってこない』/桐野夏生/集英社文庫/1100円
 憧れの東京で働くも生活に困窮する29歳のリキ(大石理紀)。お金欲しさに卵子提供に応募すると、国内では禁止の代理母出産の話を持ちかけられる。リキは1千万円の報酬で応じるが──。面談、合意、人工授精、妊娠、偽装結婚、出産まで、リキだけでなく子を望む草桶夫妻もそれぞれの局面で揺れ、心の色を変える。生殖医療が人の心に及ぼす明暗を描き、読み応えたっぷり。

文/温水ゆかり

※女性セブン2024年5月30日号

 

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン