芸能

綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく

綾瀬はるかが結婚に言及

綾瀬はるかが結婚に言及

 来年には40才、「不惑」の節目を迎える綾瀬はるか(39才)。最近はナレーションやNHKの旅番組に出演するなど、女優業以外にもマルチに活躍している。この5月からは、ファッション誌『GINZA』(マガジンハウス)のウェブサイトで連載エッセイ「はるにっき」をスタート。初回で取り上げたのは、97才になっても故郷・広島県で元気に暮らす祖母の言葉だった。

「なるようにしかならんけぇね」

 落ち込んだり悩んだりしたとき、いつも祖母はこう優しく励ましてくれたと綴った綾瀬。

「飾らない表現で、大切にしている家族を紹介した好感の持てる文章でした」(ファッション関係者)

 コロナ禍以降、女優業は映画に比重を置く。長谷川博己とNHK大河ドラマ『八重の桜』以来の共演となった『はい、泳げません』や女性スパイを演じた『リボルバー・リリー』など、年に1~2本程度のペースで出演作が公開されている。

「決して大作ばかりではなく、綾瀬さんが自分で企画を厳選している様子がうかがえます」(映画業界関係者)

 一方、CMはユニクロ、日本生命、コカ・コーラなど名だたる大企業のものに出演。クリーンなイメージはデビュー時から変わらず、いまもクライアントから引っ張りだこだ。順調にキャリアを積み重ねている綾瀬だが、このところ、アンニュイな様子がうかがわれるという。

「どうやらプライベートで悩んでいるようなのです」

 こう語るのは芸能関係者。最近、ある“名著”をめぐって綾瀬が呟いた言葉が周囲をざわつかせたと明かす。その名著とは、ドイツの精神分析学者、エーリッヒ・フロムが記した『愛するということ』。1956年に出版されて以降、「愛の指南書」として世代を超えて読み継がれてきたベストセラーだ。綾瀬にとって同著は愛読書のようで、2014年に雑誌『ダ・ヴィンチ』のインタビューでも、

《誰かを愛することは全ての人を愛することだと書いてあったのが、すごく印象に残っています》

 と、おすすめの一冊として挙げている。綾瀬は親しい知人に同著を「最近、読み直した」と語った後、こう独りごちたという。

「結婚って何なんでしょうね……」

 これを聞いた周囲は「結婚する気があったんだ」と一様に驚いたという。

「これまで共演者や韓国人のイケメン俳優などと噂になったことはありましたが、決定的な場面を撮られたことはなく、ずっと私生活はベールに包まれたままでしたので。エッセイで広島の祖母を取り上げたのも、結婚を意識する中で、家族のありがたみを感じたからではないでしょうか」(綾瀬の知人)

 不惑を目前に、綾瀬は誰を思い浮かべながら、愛の指南書のページをめくったのだろうか。今回もきっと、おばあちゃんは「なるようにしかならんけぇね」と彼女の背中を押すのだろう。

※女性セブン2024年5月30日号

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン