国内

常に損得勘定する人たち 紅生姜を何十袋もわしづかみにし、予備のトイレットペーパーを持ち去り、植え込みから草花を抜く…

サービスで置いてある調味料を、損をしないようにたくさん使う人たちがいる(イメージ)

サービスで置いてある調味料を、損をしないようにたくさん使う人たちがいる(イメージ)

 日常生活のあらゆる場面で「損得勘定」をしてしまう人たちがいる。人より得をしないと気が済まない、人を信用しない、人間関係ですら自分にとって得か損かだけで判断するなど、あまりよい意味では使われない「損得勘定」する人たちだが、言われている本人たちは損得勘定ではなく、自分は賢く権利を行使しているだけだと考えているようだが、最近、認知が歪んだ損得勘定をしながら日常生活を送る人たちのために、市民生活の様々な場面でトラブルが起きている。ライターの宮添優氏が、何でもかんでも損得勘定する人たちによって起きる混乱についてレポートする。

 * * *
 例えば、筆者が牛丼店に入り500円を払って牛丼を食べていたとする。牛丼に紅生姜をひとつまみ、そして七味唐辛子を2振りして食べていたら、隣席の客は紅生姜を山盛りに、唐辛子は具が見えなくなるまでふりかけているのを目撃する。果たしてこの時、筆者は「損した」と思うだろうか。いや、実際には同じ状況を何度も経験しているわけだが、思ったことはない。本当にそう思うなら、筆者も負けじと紅生姜や七味を山盛りにすればいいのだが、多すぎる薬味は好みではないだけだ。

 多くの人たちが筆者と同様の思いを抱くだろう。そうは言いつつも、シチュエーションが多少変われば紅生姜について「損をした」と感じる人は意外と少なくない。都内の牛丼店マネージャー・吉川孝明さん(40代)が苦笑する。

「牛丼一杯のテイクアウトなのに、紅生姜と唐辛子を何十袋も鷲掴みにして帰られるお客様は昔からいらっしゃいますね。おそらく、貰えるのなら多めにとか、唐辛子代が浮くとか、そういったお気持ちだとは思いますよ」(吉川さん)

 吉川さんの店では以前「持ち帰り客」が相次いだことから、テイクアウト用のカウンターに置いてある唐辛子や七味、そして箸などについて「おひとりさま一点」の張り紙を出した。それでも、大量の持ち帰り客は後をたたず、結局張り紙は無駄だと感じ、撤去したという。

「過剰にとっていかれては店としては困ります。ですが、必要な分量はお客様によって確かに違う。ですので、大量の持ち帰りを指摘しても無用なトラブルになるだけなんです。正直、生姜や唐辛子をそんなに持っていっても、お客様一人一人にとっては、得も損も微々たるものだと思うんですが。それでも得した、と感じられるのか」(吉川さん)

「誰でも使っていいものだから持って帰ってもいい」

 都内の大手スーパー従業員・佐々木敏子さん(仮名・60代)も、「損はしない」という強い気持ちに駆られた客への対応に四苦八苦していると訴える。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン