ライフ

【八冠制覇から8か月】絶対王者・藤井聡太を倒すのは誰か 現在の将棋界は史上空前の層の厚さ“ライバルの本命”は伊藤匠七段

藤井聡太八冠の今後は

藤井聡太八冠の“ライバルの本命”は

 史上最年少(14才2か月)でプロ入り後、数多の記録を塗り替え、2023年10月に将棋界の八大タイトルを制覇。盤石の強さを誇る藤井聡太(21才)だが、周りの棋士とて黙って見過ごしているわけではない。歴代の猛者が次々とタイトル戦に登場し、牙城を崩さんとしている。戦国時代の様相を呈する棋界と藤井のライバルを追う──。将棋ジャーナリストの松本博文氏が寄稿した。【全3回の第1回】

「藤井聡太の八冠独占はいつまで続くのか?」──これが現在の将棋界における、もっとも注目されるトピックだ。現代の奇跡のような、藤井の絶対王者への足取りを、簡単に振り返っておこう。

 2020年、当時17才、七段だった藤井は渡辺明棋聖(現九段)に挑戦し、史上最年少で初タイトルを獲得。以後は豊島将之九段、永瀬拓矢九段、菅井竜也八段、羽生善治九段といった当代のトップクラスの棋士たちと白熱の好勝負を重ねていく。そして番勝負で一度も敗退することなくタイトルを増やし続け、ついに2023年、最後に残った王座を永瀬から獲得。前人未到の全八冠同時制覇を達成した。

藤井が底上げするライバルたちの棋力

 頂点を争う立場になれば、相手が厳しくなるため、勝率は下がる。これがいままでの将棋界の常識だ。しかし藤井の勝率はデビュー以来7年連続で8割以上をキープ中。過去に年間8割を複数回記録したのは大棋士の羽生(3回)と中原誠十六世名人(2回)しかいない。その点だけ見ても、藤井の異次元ぶりは明らかだ。

 藤井は図抜けた実力の持ち主でありながら、記者会見やインタビューでの言葉からもうかがえる通り、常に謙虚だ。多忙な日々の中、努力・研究を怠らない。若く健康で体力もあり、心技体ともに充実している。よほどのことがない限り、藤井が将棋界の第一人者である時代は、長く続いていくのは間違いないだろう。

 では藤井がタイトルを失う可能性がないかといえば、そんなことはない。ほかの棋士が弱いというわけでもなく、状況はむしろ逆で、現在の将棋界は、史上空前の層の厚さを誇っている。棋士たちは藤井の強さを認めながらも、藤井に勝つ方策を模索する過程で、さらにパワーアップしつつあるようにも見える。50代の羽生、40代の渡辺らも、衰えは感じさせない。

 藤井に対抗する棋士の一人として、現在脚光を浴びているのが山崎隆之八段(43才)だ。コンピュータ将棋ソフト(AI)を用いた序中盤の研究が必須といわれる現代にあって、山崎はその真逆のスタイルを取り続ける。山崎は独自の感性に磨きをかけ、40代にしてタイトル戦再登場を果たした。藤井に山崎が挑む棋聖戦五番勝負で山崎がシリーズを制すると、史上2番目に年長での初タイトル獲得という偉業を達成することになる。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン