芸能

《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱

櫻井翔が母校のために作詞

櫻井翔が母校のために作詞

「アイドルとラップ」「アイドルと進学」──。これまで何度も新境地を切り開いてきた国民的アイドルグループ・嵐の櫻井翔(42才)がこのたび挑戦したのは、母校に捧げる合唱曲の作詞。大役を任された彼が歌詞に込めた思いとは──。

「広々とした講堂には児童や保護者、OBなど計3000人の学校関係者たちが勢揃い。式典のオープニングを飾った幼稚舎の“創立物語”とも言えるストーリー仕立ての映像では、創設者の福澤諭吉役を坂東彌十郎さん(68才)が、そして初代学長を小日向文世さん(70才)が演じました。メガホンを取ったのは福澤諭吉の玄孫で、ドラマ演出家の福澤克雄さん。昨年、話題となったドラマ『VIVANT』(TBS系)の監督でもある福澤さんは、同ドラマに出演した坂東さんや小日向さんをキャスティングして一度きりの学校行事のためとは思えない贅沢すぎる映像を作ったのです」(式典の参加者)

 去る5月30日に、慶應義塾の幼稚舎(小学校)創立150周年を記念する式典が行われた。錚々たるOBが集結し、母校の節目を祝ったようだが、なかでも会場が盛り上がったのは、「創立150周年記念曲」の披露のときだった。

「全3曲ある記念曲のうち、『ペンの指す方へ』という曲の合唱が始まったときですね。この曲の作詞を務めたのは、嵐の櫻井翔さんなので、どんな歌詞なのか、保護者やOBらが耳を澄ませて聴き入ったのです。今回の作詞は彼にとって初めての試みだったそうですが、そうは感じさせないクオリティーで、会場に“感動の嵐”を巻き起こしました」(前出・式典の参加者)

 デビュー曲『A・RA・SHI』でラップを歌って以来、嵐のラップ担当となった櫻井。初期こそ作詞家から提供されたものを歌っていたが、あるときを境にラップ部分の作詞を自分自身で手がけることになる。

「デビューして数年たった頃、音楽ユニットm-floのVERBALさん(48才)に『せっかくラップやってるのに、なんで自分でリリック(歌詞)を書かないの?』と言われたことがきっかけだといいます。櫻井さんは『誰かに作ってもらった詞を歌うだけなら、それは“ラップのような何か”にすぎない』と思うようになり、本格的にラップの作詞を始めたそうです」(芸能関係者)

 櫻井が歌うラップ、通称「サクラップ」はその後、嵐の楽曲に欠かせないものとなったが、実はアルバムにすら収録されていないレアなラップ曲も存在する。

「櫻井さんが学生時代の友人に向けて個人的に作った『ペンの指す方向』という曲です。当時、友人たちにCDを手作りして渡していたようです。大学卒業を迎える仲間にエールを送る『Chapter1』、社会人として壁にぶつかる仲間を励ますために書いた『Chapter2』、嵐としての活動の幅が広がるなかで自身の野望を書き連ねた『Chapter3』からなる3部作です。本人には恥ずかしくて言えないけれど、このラップ曲に勇気をもらったという同級生も多いんです」(櫻井の知人)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン