戦慄かなの一覧

【戦慄かなの】に関するニュースを集めたページです。

少年院上がり・戦慄かなのを更生させたただ者ではない女性
少年院上がり・戦慄かなのを更生させたただ者ではない女性
 近頃、異色な経歴を持つアイドルとして、話題となっているのが戦慄かなの(20才)だ。幼少期に両親が離婚し、母と2才年下の妹と3人で暮らし始めるも、母から虐待を受けてしまう。そんななか、10代前半から非行に走り、16才の冬には中等少年院に収容される──。そんな壮絶な過去と、更生した今のこと、そして将来について、かなのさんに語ってもらった。◆1日3冊の読書と1日5時間の勉強 中等少年院には16才以上20才未満の者が入り、男女は完全に分離される。3人ほどの入所者を1人の法務教官が「担任」として受け持ち、入所者は矯正教育を受ける。 しかし、かなのさんは一層荒れた。課題を破いてトイレに流して詰まらせ、監視カメラにサンダルを投げつけ、レンズに向かって中指を突き立てた。「幼稚園児を扱うような丁寧すぎる教官の態度にイラ立っていました。大人たちに保護される立場になったことで子供返りしていたんだと思います。そのせいで本当は10か月で退院できるのに2年も居座ることになって…」(かなのさん・以下同) そんな彼女の前に現れたのは、ある女性の法務教官だった。「私が一向に更生する気配を見せなかったからか、担任が何人も入れ替わった後、『私が面倒を見ます』と名乗りを上げてくれたベテランの先生でした」 第一印象は最悪だった。「50代くらいなのにめちゃくちゃ色気があって、きれいな人でした。だけど、とにかく威圧的で雰囲気が怖い。『この先生には逆らえない』という空気なんです。だから私も意地になってコップを投げつけて『向き合えるもんならやってみな』と悪態をついていました」 しかし、どれだけ反抗的な態度を見せても、一対一で向き合う先生の態度に、かなのさんの気持ちは変わっていったという。「個別面接中に言い争いになったり、反抗的な態度を取ったりすると、すぐに非常ボタンを押して他の先生たちを呼ぶ教官が多い中、その先生は絶対にひとりで私と向き合ってくれた。暴言を吐こうがイスを蹴ろうがボタンを押さなかった。一度だけ、私がコップを投げつけた時に、先生が座っていたイスを両手で持ち上げた時は“やられる!”とビビったけど、彼女はそのままイスを下ろして、座り直して普通に話を続けたんです。『教師がそんなことしていいのかよ!』って思ったけれど同時に『この人ただものじゃないな』と」 先生と対話することで、母への気持ち、自分の気持ちをゆっくり考えられるようになり、少年院での過ごし方も大きく変わった。「社会と隔離された少年院にいることで、自分自身と向き合うことができました。だけど先生の前では素直になれず最後まで反抗的で、退院後も感謝の言葉を伝えられていません。何度か手紙を書こうかな、と思ったのですが、やっぱり照れくさくて書けない。アイドルとしてこうやってメディアに出ることで、元気にやっていることが伝わったらいいな、と思っています」 少年院での生活で、勉強の楽しさもわかったという。「スマホもないしテレビも自由に見られない中で、勉強と読書だけが楽しみでした。本は小説から心理学の本まで、置いてあるものなら何でも読みました。本当は1週間に3冊までしか借りられないんですが、あまりに夢中だったので上限なく貸してもらえるように。1日3冊のペースで読んで、ノートに感想をつけて…少年院にいる2年で3000冊近く読んでいました。印象深いのは、東大出身の加藤諦三さんが書いた『自分に気づく心理学』です。退院後にすぐ買って、今でも何度も読み返しています」 危険物取扱者、そろばん検定、ワープロ検定の資格を取得。学ぶことに目覚めた彼女は入院中に高卒認定試験にも合格した。「数学が全然ダメだったけど、猛勉強をして2度目の挑戦で合格しました。少年院では自分が勉強したいと思ったから、気持ちのノリ方が違った。暗記が得意で、英単語や漢字は見るだけで覚えられるとわかったのも、少年院での勉強がきっかけ。空き時間があれば机に向かって、トータルで1日5時間ほど勉強していました」 2016年5月、少年院を退院。およそ2年ぶりに社会に復帰した。退院から2年半。現在のかなのさんは3つの顔を持つ。 1つめは現役の大学生。薬局の事務員などをしながら個人塾で勉強を続けて、見事有名私立大学の法学部に一般入試で合格した。「少年院で芽生えた夢の1つが、法律の勉強をすることでした。法務教官だった恩師の影響もあるし、虐待経験のある子供たちを支援するためにも、法律の知識が必要だと思っています」 2つめはアイドル。スカウトをきっかけに地下アイドルの活動を始めた。講談社主催のオーディション「ミスiD2018」の最終審査では少年院出身であることをカミングアウト、「サバイバル賞」を受賞した。現在は異色の経歴が大人気で、メディアに引っ張りだこだ。 そして3つめが、「いちばんやりたい」と彼女が打ち明ける児童支援活動だ。かなのさんは、育児放棄や児童虐待された子供たちをサポートするNPO法人「bae(ベイ)」を立ち上げた。「昔の私と同じ思いをしている子供たちの力になりたいんです。虐待されている子は自分から助けを求めることが難しいので、周りの大人が気づいて手を差し伸べることが大切です。少年院に入っていた子たちのサポートもしていきたい。少年院送りになる子は、家庭関係に問題のあるケースがほとんどで、少年院で初めて自分を理解してくれる大人と出会って変わったものの、退院後に社会になじめず、表社会からドロップアウトすることが多い。そうした人たちの支援もやっていきたいです」※女性セブン2018年12月13日号
2018.12.01 16:00
女性セブン
少年院上がり・戦慄かなのが明かす壮絶過去、虐待とJKビジネス
少年院上がり・戦慄かなのが明かす壮絶過去、虐待とJKビジネス
 15cmはあろうかというキラキララメの厚底ブーツにミニスカートがまぶしく、人形のような色白肌にぱっちりとした目がかわいらしい。 彼女は20才の人気アイドル・戦慄かなの(20才)。現在は大学生活と芸能活動の二足のわらじで多忙な日々を送る。ハタチになった感想を聞くと、大きな目を見開き、会心の笑顔で答えた。「やっと保護観察がとれてうれしいです!」 保護観察? そう、彼女は少年院上がりのアイドルなのだ。 10月18日、バラエティー番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演すると、一気に注目の的となった。少年院出身という異色の経歴に加え、壮絶な半生を淡々と語り、大物相手に物おじもしない。「相手の人さし指を噛んで性格を当てる」という特技を披露し、マツコ・デラックス(46才)の太い指をガリガリと噛んで、「修羅くぐってる!」と一言。スタジオをあ然とさせた。 11月18日には『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。テリー伊藤(68才)から同じくゲスト出演していた“みちょぱ”こと池田美優(20才)と「どっちがけんか強いの?」とけしかけられ、「じゃあ楽屋でやり合いますか?」と応戦した。 異色すぎるアイドルの出現は、「あの子、何者!?」「ヤバイ!」「少年院から大学って、どうやって入った?」など世間に大反響が巻き起こっている。 彼女は一体何者なのか。なぜアイドルを志したのか──20才の本音を聞いた。 取材会場に1人で来ると、早口気味に「最近、急に忙しくなって、今日もこのあと別の取材があって…。せっかく妹と2人暮らしを始めたのに全然家に帰れないんです」と説明し、控え目な笑顔を見せた。そしてその笑顔のまま、両親の離婚、虐待、JKビジネスを語った。◆母の虐待と飛び降り自殺 生まれは大阪。幼少期に両親は離婚し、母と2才下の妹と3人、東京に移り住んだ。「小さい頃のことで記憶に残っているのは、母が父に暴力をふるい、血まみれになった父が壊れた家具をガムテープで修復する姿です。父は優しかったけれど、私が小学校に入ったときに離婚して出て行ってしまった」(かなのさん・以下同) それまで家事を担っていた父がいなくなり残された姉妹を待っていたのは母からの虐待だった。頻繁な暴力で姉妹のお尻にはミミズ腫れが絶えなかった。「ある時、母が私たちを置いて恋人と海外に出かけ、1週間家を空けたことがありました。用意されていた食事は3日でなくなり、水道水で飢えをしのいだこともあります。ただ、そんな状況でも、当時虐待されているという認識は私にはなかったんです。母は私を殴っても数時間後には『ごめんね』ってハグしてきたし、普通の母子よりスキンシップは多かったかもしれません」 滑らかな口調が一瞬、淀む。手入れの行き届かない髪に、いつも同じ服装。中学校に入るといじめの標的になった。「今思えば、毎日の入浴や歯磨き、着替えなど基本的な生活習慣も教えられず、汚く見えていたのだと思います」 中学2年生の時には校舎から飛び降り自殺を図ったが、一命をとりとめた。学業もまったくついていけなかった。「そもそも勉強のやり方を教えてもらったことがないから、何がわからないのか、わからない。授業中は音楽を聴き、テスト中は問題を見ずに50分ずっと寝てました(笑い)。だって、見てもわからないことがわかってるから。なぜか国語だけはできたんですが、成績は中学の最後までずっとビリでした」 私立の高校に進学したが、学校にも家庭にも心安らぐ居場所のなかった彼女は犯罪に走った。 向かった先は東京の新宿・歌舞伎町や秋葉原などの繁華街だった。歌舞伎町や秋葉原を徘徊し、万引、窃盗、詐欺などに手を染めた。「10代前半から万引、窃盗グループのパシリ、詐欺の手伝い…当時は全く悪いことをしている意識がなくて、とにかく稼ぎたいという感覚になっていたんだと思います」 高校1年生の後半に自主退学。自ら“JKビジネス”を立ち上げ、のめり込んでいった。「100円均一で大量に買ったパンツを街でスカウトした女子高生にはいてもらって、1枚8000円でオジサンたちに売っていました。スカウトした女子高生は200人くらいで、買ったオジサンはもっといた。月100万円以上の売り上げは当たり前。月300万円稼いだこともあり、気が大きくなっていきました。 小さい頃からお金の問題で両親がもめるのを見ていて、『世の中で大事なのはお金』という考えが根幹にあった気がします。だけど、振り返ってみると別に何か特別欲しいものがあった訳じゃないんです。ただ、『お金があれば幸せになれる』と漠然と思っていた。 あとは、どこかでお母さんを喜ばせたかったのだと思う。当時、たまに稼いだお金を、お母さんの財布にこっそり入れていました」“JKビジネス”は10か月で終わる。自宅に警察官が現れ、そのまま児童相談所の保護施設に送られる。そして中等少年院に収容された。16才の冬だった。※女性セブン2018年12月13日号
2018.11.30 16:00
女性セブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン