ナディア・コマネチ一覧

【ナディア・コマネチ】に関するニュースを集めたページです。

思い出の五輪美女 クチンスカヤ、ピッチニーニ、コマネチ他
思い出の五輪美女 クチンスカヤ、ピッチニーニ、コマネチ他
 五輪の記憶は、今でも当時の興奮を呼び起こす。同世代と話せば、「金メダルに涙した」「あの速さは異次元だった」と話は尽きない。、女性アスリートの「美しい思い出」も盛り上がる話題だろう。 みんなが心を奪われた五輪ヒロインの歴史を振り返る。「ゴールした直後に恋人に駆け寄ってキス……まるで洗練された映画のワンシーンのようだった。華奢で儚げな顔をした美人だったなぁ」 1964年東京五輪で市川崑監督のもと記録映画の助手を務めた映画監督・山本晋也氏が、今も鮮明に覚えていると語るのは、陸上女子800メートルで金メダルを獲得したイギリスのアン・パッカーだ。「当時の私は女子スポーツ選手に美的なものを求める感覚がまだなかった。だからこそ彼女の女性的な魅力と美しさは衝撃的だった」(山本氏) サッカー日本代表として東京五輪に出場した釜本邦茂氏が振り返る。「忘れられないのは“体操の名花”と言われたチェコの体操選手ベラ・チャスラフスカです。選手村の食堂で本人を見かけた時は、あまりの美しさにしばらく口をポカンと開けたままだった。僕は20歳、彼女は22歳だったけど、大人びていて色気があって、彼女の周辺だけが光り輝いていた」 チャスラフスカは跳馬、平均台、個人総合の3種目で金メダルを獲得した。 1960~70年代の五輪では、旧ソ連や東欧の体操選手たちがその美貌で脚光を浴びた。「私はナタリア・クチンスカヤ派」と語るのは、漫画家のやくみつる氏。メキシコ五輪(1968年)の平均台と団体総合で金を獲り“メキシコの花嫁”と呼ばれた旧ソ連の体操選手だ。「テレビ画面で見て、そのカワイイ顔の虜になり、何十年も経ってから携帯電話が出てきた時には迷うことなくクチンスカヤの画像を待ち受け画面に設定したほどです」 一方、“白い妖精”と讃えられたのが1976年のモントリオール五輪で段違い平行棒、平均台、個人総合で3個の金メダルを獲得したルーマニアのナディア・コマネチだ。「彼女はまだ14歳だったけど、不思議な色香がありました。当時は桜田淳子、山口百恵、森昌子が大人気でしたが、五輪の後は『コマネチに乗り換えた』という同級生が続出した」(61歳自営業) ロス五輪(1984年)では、競泳女子100メートル・200メートルバタフライとメドレーリレーで3冠に輝き“マダム・バタフライ”と呼ばれたアメリカ代表のメアリー・マーハーがアイドル的な人気に。「ふっくらした体型とあどけない童顔がたまらなかった」(55歳会社員)◆付け爪の最速女王 対照的に次のソウル五輪(1988年)では、筋肉美で2人の美女が注目を集めた。一人は自由形を含む競泳3種目で金メダルを獲ったスレンダー美女のジャネット・エバンス。スポーツジャーナリストの生島淳氏が言う。「当時珍しかったショートカットで、クリッとした目が印象的。明るくて、笑顔が魅力的だった」 もう一人は圧倒的な走りで陸上100メートル、200メートル、400メートルリレーの3冠になったアメリカのフローレンス・ジョイナー。付け爪など、ファッションでも注目を浴びた。「筋肉のついた脚線美だけでなく躍動感のある走りが、彼女の美しさにさらに磨きをかけていた」(政治評論家の小林吉弥氏) アトランタ五輪(1996年)の走り高跳び金メダリスト、ブルガリアのステフカ・コスタディノヴァを推す声もある。「アイドル歌手の荻野目洋子に似ているということで、テレビで『ブルガリアの荻野目ちゃん』と呼ばれていた。コスタディノヴァはもっとクールな感じの美女で、抜群のプロポーションがこの世のものとは思えなかった」(前出・生島氏) 近年では、モデル系アスリートの活躍も目立つ。「その“走り”といえば、シドニー五輪(2000年)のイタリア代表バレーボール選手、フランチェスカ・ピッチニーニでしょう。184センチの長身で、イタリアのメンズ雑誌でヌードを披露したことでも話題を呼びました」(映画評論の秋本鉄次氏) 同じシドニー五輪ではシンクロ女子デュエットで銅メダルを獲得し、圧倒的な美しさから“水の妖精”と呼ばれたフランスのヴィルジニー・デデューが注目を集めた。日本でもアニメ版『釣りバカ日誌』(テレビ朝日系、2002~2003年放送)に彼女をモデルとした人物が登場するなど人気を博した。※週刊ポスト2020年2月21日号
2020.02.12 16:00
週刊ポスト
白い妖精コマネチ 笑っている写真は0.1%くらいしかない
白い妖精コマネチ 笑っている写真は0.1%くらいしかない
 オリンピック史上初の衛星生中継で世界中に映像が送られた、1964年の東京五輪。日本国内ではカラーテレビ放送が本格化し、選手の活躍が色鮮やかな映像でお茶の間に届く時代が到来した。以来、日本人を魅了し、ブームを巻き起こす海外女子選手が次々と登場。体操では「名花」と呼ばれる美女アスリートたちが美と技を競った。 東京五輪からリオデジャネイロ五輪まで撮影を続けているスポーツ写真家・岸本健氏は、最も記憶に残る選手の一人にチェコスロバキア(当時)のベラ・チャスラフスカを挙げる。「1960年代の体操の採点では、優雅さが高く評価されました。東京五輪で優勝したチャスラフスカの演技は優雅で美しく、日本で爆発的な人気がありました。次のメキシコ五輪ではソ連のクチンスカヤも人気でしたが、ソ連軍がプラハに侵攻したチェコ事件の直後とあってチャスラフスカに同情が集まり、会場が“ベラ! ベラ!”という大声援で包まれたのを憶えています」 1970年代に入り、体操は優雅さから技術の時代を迎える。世界を驚かせたのが、ナディア・コマネチ(ルーマニア)が出した五輪史上初の10点満点。彼女は当時14歳。ジュニアの時代の到来を告げる存在でもあった。「コマネチは別の意味でも印象的でした。笑っている写真は1000枚撮影したうちの1枚ぐらいというほど、笑顔をみせませんでした」(岸本氏) 当時は東西冷戦構造の中で、政治に翻弄される選手や指導者も多かった。コマネチの元コーチは1981年にアメリカに亡命。彼が指導したメアリー・ルー・レットンが1984年ロサンゼルス五輪で10点満点を連発し、金メダルに輝くドラマも生まれた。※週刊ポスト2017年11月10日号
2017.11.03 07:00
週刊ポスト
水着業界基準では「コマネチ!」はハイレグではなかった
水着業界基準では「コマネチ!」はハイレグではなかった
 バブル期に女性たちの間で爆発的に流行したのが、水着の股の部分に鋭く切れ込みが入った「ハイレグ」だ。 1976年のモントリオールオリンピックで史上初の10点満点を叩き出し、金メダルに輝いた体操選手、ナディア・コマネチ。「コマネチ!」といいながら股間の切れ込みを表現するビートたけし氏の有名なギャグも手伝って、日本ではコマネチ=ハイレグと連想する人は少なくない。だが改めて当時の写真を見ると、意外にもそこまで切れ込みが深くないことがわかる。女性用水着販売大手、株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏が語る。「レオタードと水着の違いはありますが、これはハイレグではありません。しかし同時期に流行した水着の資料と見比べてみると、確かに当時としては切れ込みが深いといえます。今の時代ではハイレグとはいえないですが、当時の基準で考えると若干深かった。そのため、驚きをもって人々の印象に残っているのではないでしょうか」 ちなみにハイレグの定義からいえば、どれだけ切れ込みが鋭くても、セパレートタイプの水着は業界ではハイレグとは呼ばなかった。しかしバブル期を知らない若い世代にとっては、セパレートタイプの水着が主流になり、ビキニであっても切れ込みの深い水着はハイレグという捉え方に変化してきている。 女性ファッション水着の世界は、切れ込みのように深い。※週刊ポスト2017年6月9日号
2017.06.02 07:00
週刊ポスト
独裁者から夜の付き合いと愛人強要されたコマネチさんの悲劇
独裁者から夜の付き合いと愛人強要されたコマネチさんの悲劇
 カダフィ(リビア)やムバラク(エジプト)といった独裁者たちが、長期にわたる腐敗と失政の報いを受けようとしている。権力の椅子にしがみつこうとする孤独な男たちには、様々な共通項が見出せるが、その権力を引き継がせようとする「息子」たちが何の資質も持ち合わせていない放蕩息子ばかりだという共通点は興味深い。落合信彦氏が解説する。 * * * カダフィの放蕩息子たちの見るに堪えない振る舞いは、独裁者の息子としては、決して例外的なものではない。 私がまず思い出すのは、冷戦下の東欧で秘密警察「セキュアリターテ」を使って国民生活を逐一監視し、飢餓に苦しむ一般市民を差し置いて自分と家族にだけは豪奢な生活を許していたルーマニアの独裁者ニコライ・チャウシェスクとその息子のことである。 1989年12月24日に起きたルーマニア革命により、チャウシェスク夫妻は銃殺処刑された。私が首都・ブカレストに取材に入ったのはその直後のことだったが、市内の光景は異様だった。 日々のパンも手に入れられないような国民が暮らしているというのに、中心部にはチャウシェスクが建設させていた地上10階建て、3000以上の部屋を誇る宮殿がそびえ立つ。その正面の通りは、チャウシェスクが出した「パリの大通りよりも広い通りを!」という指示に基づき、シャンゼリゼ通りよりも1m広い幅で作られた。地下道は戦車も通れる。 財政破綻寸前だったルーマニアで、この道を真っ赤なフェラーリで疾走していた男がいた。それが、チャウシェスクの次男・ニクであった。 ニクが車を乗り回す時はセキュリティが張り付き、大通りには10mおきに警察官が配備された。一般市民の生活水準など無視したチャウシェスク一族の象徴であったと言えよう。 ニクは、未成年のうちから酒を飲んではお気に入りの車を運転し、あげくに交通事故を起こし、またある時はレイプなどの犯罪行為に走っていたという。 もちろん、彼が罪を問われることなどない。「俺を一体、誰だと思っているんだ」その一言で、ルーマニアの全ての警察官は独裁者の息子にひれ伏すのである。 そんな男でも、父親の威光があれば、国や党の要職が与えられる。32歳の若さでルーマニア共産党中央委員に選出された。これでは本人が行ないを改めるはずはない。 そんなニクの毒牙にかかり、人生を狂わされた女性がいる。 1976年のモントリオール五輪の体操で史上初めて10点満点を叩き出し、金メダルを獲得した「ルーマニアの白い妖精」ことナディア・コマネチであった。 国民的ヒロインは、独裁者の息子から毎晩のように夜の街へ付き合うように求められ、愛人関係となることを強いられた。もちろん、当時のルーマニア国民に、チャウシェスク家に逆らえる人間など一人もいない。身も心もボロボロになったコマネチは、命からがらオーストリア経由でアメリカへと亡命する。革命の1か月前のことであった。 ルーマニア革命が起きた時、ニクは別の愛人と車で逃走しようとし、逮捕された。連行されるニクの愚かで哀れな姿は国営放送で生中継され、視聴した国民は大いに溜飲を下げた。 その後、横領罪などに問われた裁判中に、ニクは肝硬変でこの世を去った。ストレスや深い思考、自省の念などと無縁のまま40年近く生きた男にとって、「本当の世界」はあまりに苛酷だったのだろう。※SAPIO2011年5月25日号
2011.05.19 16:00
SAPIO

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン