珍宝館一覧

【珍宝館】に関するニュースを集めたページです。

群馬の“珍宝館”で性の案内人になった女性館長の恋愛遍歴
群馬の“珍宝館”で性の案内人になった女性館長の恋愛遍歴
 群馬県の伊香保温泉に通じる道中に、深夜の人気バラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に取り上げられて熱い視線を浴びている珍スポット「珍宝館」がある。 1947年、群馬県桐生市で、米農家の4人兄弟の末っ子として生まれた清水ちんこ館長(70、本名非公表)。異色のキャラクターがテレビで話題となり一躍時の人となった彼女だが、いかにして“性の案内人”になったのか。「小さい頃は根暗で、ひとりで遊ぶのが好きな子供だった。けど高校卒業後、弁当屋に勤めた時に出会った女の先輩が私を変えた。先輩は話上手な人で、特に下ネタがピカイチ。当時の私は彼女の話を笑いながら聞いていただけだけど、自然に覚えた。今の私のトークの原点は間違いなく彼女にある」(以下「」はちんこ館長) まだ珍宝館ができる以前の23歳の頃、ちんこは知り合いからスナック経営を任される。「桐生市内の場末の店だよ。女の子なんて雇わず私ひとりで切り盛りしてた。約3年やって貯金が300万円くらいは貯まったから、繁盛してたのかな。けど店やって一番の収穫は当時、土木作業員をしていて店の常連客だったマスター(館長の夫でいまは珍宝館のスタッフ)と出会えたこと」 恋愛遍歴を聞くと意外な答えが返ってきた。「私が知ってる男は後にも先にもマスターだけ。そんな2本も3本も食ってる暇はねえし」 結婚後、現在の珍宝館横に食堂を開く。店は繁盛しマスターの趣味だった「珍品」を店内に飾るようになった。そして夫婦で“いつか珍宝館を開こう”と語り合い、1981年に珍宝館を設立。そこで語り部スタイルを始めた。「愛するマスターが愛でる珍品を解説するんだからフツーにやってもつまんない。私を変えてくれた先輩やスナック時代のトークの経験、それに時事ネタを交えて解説するとお客さんが笑ってくれて嬉しかったね。 物珍しさが受けて開業以降、大繁盛したよ。地元から白い目で見られることもあったけど、商売は儲けてナンボ。周辺に珍宝館を真似して現代風の秘宝館みたいなのも数年前にできたけど、うちの展示品は唯一無二だから。でも最近はテレビに出た影響で若者客が増えて何回も解説をするから喉にきてね……」 と、意外にも弱気な本音も見せた。受付で働くマスターとの関係についても聞いた。「マスターは5年前に大腸がんの手術をして生死をさまよったから、無理させられない(笑い)。けど死ぬまでセックスしたい気持ちと行動が人間を豊かにするんだよ」 取材当日の朝、珍宝館の建物の前に陰部を露出させた20代の若者が無言でポツンと立っていたという。ちんこ館長は「大きくなったかい」と声をかけると、若者は無言のまま帰ったという。ちんこ館長は今日も群馬で男たちを待っている──。※週刊ポスト2017年8月11日号
2017.08.03 16:00
週刊ポスト
女優・たかしょーと行く群馬のテーマパーク「珍宝館」訪問記
女優・たかしょーと行く群馬のテーマパーク「珍宝館」訪問記
 群馬県の伊香保温泉に通じる道中に、深夜の人気バラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に取り上げられて熱い視線を浴びている珍スポット「珍宝館」がある。 珍宝館では男性器や女性器にまつわる様々な展示物や、ここでしか見られない貴重な江戸後期の春画など“エロ面白い”3500点ものお宝が見られる。しかし、なんといっても名物は清水ちんこ館長(女性)の下ネタ満載の解説にある。「性の神の使いとして国家試験も通過した」と話すちんこ館長。今回の取材に同行した人気AV女優の高橋しょう子にも、出会って早々、股間を触って「だいぶドテが崩れて締まりが悪い」と厳しい一言をぶつけた。 その他の客にも「欲求不満のお姉ちゃん、売店にちんこ飴売ってるよ」、「兄ちゃんたち手使わないで腰使え」など客いじりの嵐。この“法話”を聞くために全国各地から人が集まる。「1981年に開業してから展示品は年々増え、昨年にはリニューアルオープンしました」(ちんこ館長) めくるめく珍品には例えば、以下のようなものがあった。●珍宝館の象徴「御神体」「ES細胞をぶっこんだらSTAPチンコに突然変異した」(ちんこ館長)とされる御神体の雄石。●こだわりの「春画コレクション」 珍宝館の展示品で最も貴重な浮世絵は江戸時代後期のもの。「12枚1セットで50マン円したよ!」(ちんこ館長)●江戸のバイブ「張形」「実際に江戸時代の大名の嫁らが住んでいた“大奥”で使われていたとされる貴重な張形です」(ちんこ館長)●“理想の女体”木彫り ある木彫り師から珍宝館に寄贈されたもの。「こんな肉体になりたい」とたかしょー。※週刊ポスト2017年8月11日号
2017.08.01 16:00
週刊ポスト

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン