携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110411_17113.html

注目のビジュアル

会見で涙を拭う小保方晴子氏

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

謎の美女・祥子

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


福島原発避難地区住民「原発なくすと3分の2が職を失う」

2011.04.11 16:00

資源の乏しい日本にとって、原子力発電の推進は“国策”だった。そして原発は、都会に住む人にとっては、「危険かもしれないが遠い存在」であり、地方にとっては“生きる糧”だった。

原子力発電所が建設される市町村には、電源三法交付金によって、大きな財源効果がもたらされる。電源三法とは「電源開発促進税法」「特別会計に関する法律」「発電用施設周辺地域整備法」で、それぞれの法律に基づいて交付金が交付されるのだ。

経済産業省資源エネルギー庁が発表しているモデルケースでは、交付金は原発1基につき運転開始までの10年間で約450億円、運転開始後の35年間と合わせ、総額1200億円余りの巨額に上る。ほかにも、電力会社が地域振興のために寄付金を拠出し、その額も数十億円単位だという。

福島第一原発から半径20km圏内にすっぽりとはいり、避難指示が出されている富岡町の町議会議長・猪狩利衛さんがいう。

「原子力とともに共栄共存しとるわけです。原発ができる前までは、みんな東京に出稼ぎに行った。しかし、原発ができたことで、地元は全町民が潤っている。交付金によって財政が豊かになり、道路や下水道、インフラも整備された。学校や体育館、運動施設も整備し、ボーリングして温泉付きプールもつくりました。財政だけでなく、富岡町では、成人した就労者の約6~7割が第一原発か第二原発関係の仕事をしています。原発がなくなれば、3分の2は職を失うことになるんです」

※女性セブン2011年4月21日号


人気ランキング

1.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
2.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
3.
韓国で「慰安婦は売春婦と認めよ」と主張の署名サイトが出現
4.
小保方氏 明らかに怪しい答え口にしても凛としてて恐ろしい
5.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
6.
入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」
7.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る
8.
バイキング低迷 フジ局内でいいとも終了に今さら疑問の声も
9.
導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度
10.
流行のクルーネックに合う「ボブ・ロングヘア」用アレンジテク

今日のオススメ

提供元一覧

犬の名医さん100人データブック

太平洋戦争 最後の証言 第3巻

井沢元彦「逆説の世界史」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。