携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110901_29776.html

注目のビジュアル

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

会見で涙を拭う小保方晴子氏

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

謎の美女・祥子

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


初ベッドシーンの深田恭子 裸の背中はか細くしなやかだった

2011.09.01 16:00

 10月8日公開の映画『夜明けの街で』(原作・東野圭吾/配給・角川映画)で、息を飲むベッドシーンを演じきった深田恭子(28)。長らくトップアイドルとして君臨してきた彼女が本格的な濡れ場に挑むのは、もちろん今回が初となる。

 ふくよかなイメージの強い深田だが、スクリーンに映し出された背中は意外なほどか細く、しなやかだった。

 深田を知る芸能関係者がいう。

「彼女はボディラインに相当気を遣ったようで、撮影現場にもカロリーコントロールされた自前のお弁当を持参してきていた。“甘いもの大好き!”とお菓子をバクバク平らげていたかつての姿からは想像もできません。映画『ヤッターマン』のドロンジョ役でも、ハイレグのボンデージ衣装を決して嫌がらなかったし、最近は女優としての決意を感じますね」

 深田の気合いには理由がある。同じ事務所の後輩・綾瀬はるか(26)が本格女優への道をひた走っているからだ。

「綾瀬さんは『JIN』に出演以降、ドラマや映画へのオファーが殺到している。深田さんは“演技では負けない”と意識しまくっている。来年の大河『平清盛』では深田さんがヒロインの平時子役。再来年の大河『八重の桜』では綾瀬さんが主演します。今後もライバル関係は続きそう」(同前)

 もっともっと女優魂で競い合ってほしい。

※週刊ポスト2011年9月9日号


人気ランキング

1.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
2.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
3.
韓国で「慰安婦は売春婦と認めよ」と主張の署名サイトが出現
4.
小保方氏 明らかに怪しい答え口にしても凛としてて恐ろしい
5.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
6.
入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」
7.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る
8.
バイキング低迷 フジ局内でいいとも終了に今さら疑問の声も
9.
導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度
10.
流行のクルーネックに合う「ボブ・ロングヘア」用アレンジテク

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

東日本大震災復興応援写真集『3・11以前』 ー美しい東北を、永遠に残そうー

グッチ裕三 めちゃうまごはん

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。