携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20120321_95336.html

注目のビジュアル

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

巷で話題のパイスラ現象(ハイネックセーターの場合)

(c)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

キャプテンタモリはクルーザーの上で得意顔

品川駅と田町駅の間に広がる品川車両基地

「不倫妻」を演じる上戸彩を撮りおろし

横山めぐみの「ゴージャスな胸元」

毎年リニューアルされて8月に登場する「コンビニおでん」

いちごと自家製餡が氷の中で競演するかき氷

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


放射能を避け母子のみで西日本に移住する夫婦に離婚増加中

2012.03.21 07:00

 復興庁の統計によれば、2月23日現在、関西以西・以南の2府21県に避難した人の数は9998人にのぼっているという。被災者支援を続けている『NPO法人街づくり支援協会』の黒田俊司さんが移住・疎開の現状をこう話す。

「関西方面に疎開してくるかたたちの7割が小学校低学年までのお子さんとその母親で、3割がご主人も一緒にいらっしゃるご家族です。理由は“食事でも放射能の心配がないものを食べられる”“安心して外で遊ばせられる”“安全で安心して育児ができるから”と。震災から1年経ちましたが、移住者や疎開者は問い合わせも含め増えています」

 新しい土地で新生活を送るにはそれなりの資金が必要で、移住・疎開はお金がある人の選択と思われがちだが、前出・黒田さんによれば、実際はパートをしながら、安い住宅を探し、そこをシェアするなど経済的負担を減らそうと工夫している母親も多いという。しかし、問題は経済的なことだけではない。夫婦関係に影響が及ぶケースも多いのだ。

 黒田さんはその現状についてこう語る。

「夫と別居して子連れで移住・疎開していた人たちの中で離婚が増えてきています。震災から時間が経ったいま、夫婦で意見が違ってくるんですね。夫は“戻ってこい”というけど、妻は“いまはまだ戻れない”とか。

 母親の立場からすれば、夫が何をいおうと、国が安全といおうとも、やはり子供のことを考えれば、より安全で安心して生活できる場所で子育てをしたいという選択になりますから。経済的負担も大きくなり、そこでも夫婦間の対立を生むことにもなります。子供のためにと始めたことなのに、それで離婚となるのは子供にとっても悲しいことですよね」

※女性セブン2012年3月29日・4月5日号


人気ランキング

1.
ダルはスルー、BIGBANGから水原希子など「氷水」関連裏事情
2.
皇室関係者 秋篠宮家と皇太子一家の見られ方の差を懸念する
3.
羽生結弦DVDが「アスリート史上初」の売れ行き 何が凄いのか
4.
ブログでいじめ告白した江角マキコにママ友が「抗議声明文」
5.
フジTV報道局トップ交代で胸をなで下ろしたのは安藤優子氏か
6.
フジ『おじゃマップ』 ふなっしー出演シーンが放送中止の謎
7.
西島秀俊が緊急検査 普段はジム通い高級プロテイン飲むも…
8.
東大卒2億稼ぐトレーダー村田美夏さん キャバ嬢経験も活かす
9.
江角いじめ名門校の有名人ママ「明日は我が身」と戦々恐々
10.
挨拶されないなどママ友間で孤立する江角マキコに同情する声も

今日のオススメ

提供元一覧

犬の名医さん100人データブック

おっぱいバイブル

グッチ裕三 めちゃうまごはん

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。