携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20120731_134157.html

注目のビジュアル

さらに色香を増した井上和香(34)

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

愛媛朝日テレビの戸谷勇斗アナ(26才)

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

注目のキーワード

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


復興予算から107億円が核融合エネルギー研究に拠出されてた

2012.07.31 07:00

 昨年の震災以来、復興に多くの予算が充てられたものの、そのお金は一向に被災地に届く気配はなく、一方でまったく関係のない分野に復興予算が投じられている。極め付きが、独立行政法人・日本原子力研究開発機構である。

 * * *
 文科省や会計監査院からの天下り役員が所属するこの法人は、原子力ムラの中心として研究を行なってきた。驚くべきことに、この原子力研究にまで、復興予算が使われていた。復興特会から機構への拠出総額は何と107億円に上る。このうち、65億円は除染と廃炉の研究などに使われるが、残る42億円は、現在進められている「国際熱核実験炉計画」(イーター計画)の研究開発・設備費用に使われるのだ。

 イーター計画は、2019年までに50万kWの核融合出力を長時間にわたって実現し、「未来の原子力」といわれる核融合エネルギーが実現可能であることを実証する計画である。機構を所管する文科省の研究開発戦略官付の担当者は、復興予算が拠出された理由をこう説明した。

「実験を行なっている日本原子力研究開発機構は、(被災した)青森県と茨城県にあります。同事業のコンセプトは、この研究所を日本と欧州が参画する『世界的な核融合の拠点施設』にして、イノベーションの力で復興に寄与しようというものです。世界的な研究拠点ができれば、被災地に活力を与えるという趣旨です」

 質の悪いジョークにもほどがある。進まぬ復興と原発事故の二重苦にある被災者たちに、面と向かって同じ説明ができるのか。

■福場ひとみ(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2012年8月10日号


人気ランキング

1.
ASKAに覚せい剤を教えたのは世界的な大物ミュージシャンか
2.
過去に中国政府のメンツを潰したトヨタは大きな代償を払った
3.
鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」
4.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
5.
栩内被告追い詰める ASKAの第3、第4のシャブ愛人の存在
6.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
7.
隔離病棟のASKA 反省文書いたりタコ糸ブレスレット作ったり
8.
米軍慰安婦問題 韓国政府やメディアの見て見ぬふりこそ問題
9.
高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤
10.
キンコン西野「結婚をリアルに考えられん」と植村花菜と破局

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

神の島 沖ノ島

中国に立ち向かう覚悟

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。