携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130110_164256.html

注目のビジュアル

最も悩ましいパイスラ角度は左右45度と判明

堺雅人主演の大河はどうなる!? キャメレオン竹田が大胆予言

品川駅と田町駅の間に広がる品川車両基地

新潟・長岡まつり大花火大会で打ち上げられる「白菊」

(c)2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

原幹恵の話題の写真集の未公開カット

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

いちごと自家製餡が氷の中で競演するかき氷

NHKアナウンサーの小野塚康之さん

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

元小学校教師 死後に1000本超えるAVが見つかり遺族も絶句

2013.01.10 16:00

 自分がいざ死んだとき、残された人たちに迷惑を掛けないよう、希望や意向を書き記しておく“エンディングノート”に、今注目が集まっている。

 とはいえその一方で、妻や子には絶対に言えなかった秘密が死後に明らかになり、コツコツと積み上げてきた信頼が地に堕ちることもある。日本初の遺品整理専門会社「キーパーズ」の吉田太一氏は、遺品整理の現場で様々なケースに遭遇するという。

「別居していた父親の部屋から女性の下着や、化粧品が山ほど出てきた。娘さんは『こんな親父、早く死んでくれてよかった』と吐き捨てるように言っていました」

 死後に愛人や隠し子の存在が発覚しトラブルになることは多い。生前、その“芽”を見つけ、早めに対処しておくことも必要かもしれない。

 他にも生前の本人からは想像できないモノが出てくるケースもある。

「元・小学校の先生というお宅から、1000本を超えるAVが出てきたときは、さすがに遺族の方も絶句していましたね。縁起でもないかもしれませんが、あなたの持ち物がいつ“遺品”になってしまうかは神様以外わかりません。人に知られたくない、見られたくないモノをどうするか、考えておくべきです」(吉田氏)

 死は必ず訪れる。そのときどうするか、今から考えておく必要があるだろう。

※週刊ポスト2013年1月18日号



人気ランキング

1.
安室奈美恵 懇意のPとToshl洗脳宗教団体トップとの関係
2.
乳がんのダンカン妻 死の前日まで息子の弁当を作っていた
3.
ダンカンに亡き妻の治療費拒否証言 妻の親族から憎しみも
4.
フジ『おじゃマップ』 ふなっしー出演シーンが放送中止の謎
5.
生活保護を描く漫画家「弱い人が弱い人を叩くのが今の現実」
6.
竹野内豊の父が肺がんで死去 最後の親孝行は豪邸での4か月
7.
反・江角派のママ「夏休み明けたらどんな顔で会えばいいの」
8.
こども電話相談室の名回答集「天国に行ったらどうなるの?」等
9.
マイコ GAPでの販売員経験のおかげで妻夫木を落とした説
10.
中国情報機関関係者 横田めぐみさん帰国できない事情を語る

今日のオススメ

提供元一覧

ビッグダディ痛快レシピ29

中国に立ち向かう覚悟

グッチ裕三 めちゃうまごはん

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。