携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130110_164256.html

注目のビジュアル

謎の美女・祥子

官能的なボディを披露する森下悠里

SDN48の佐藤由加理(左)と芹那

会見で涙を拭う小保方晴子氏

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

元小学校教師 死後に1000本超えるAVが見つかり遺族も絶句

2013.01.10 16:00

 自分がいざ死んだとき、残された人たちに迷惑を掛けないよう、希望や意向を書き記しておく“エンディングノート”に、今注目が集まっている。

 とはいえその一方で、妻や子には絶対に言えなかった秘密が死後に明らかになり、コツコツと積み上げてきた信頼が地に堕ちることもある。日本初の遺品整理専門会社「キーパーズ」の吉田太一氏は、遺品整理の現場で様々なケースに遭遇するという。

「別居していた父親の部屋から女性の下着や、化粧品が山ほど出てきた。娘さんは『こんな親父、早く死んでくれてよかった』と吐き捨てるように言っていました」

 死後に愛人や隠し子の存在が発覚しトラブルになることは多い。生前、その“芽”を見つけ、早めに対処しておくことも必要かもしれない。

 他にも生前の本人からは想像できないモノが出てくるケースもある。

「元・小学校の先生というお宅から、1000本を超えるAVが出てきたときは、さすがに遺族の方も絶句していましたね。縁起でもないかもしれませんが、あなたの持ち物がいつ“遺品”になってしまうかは神様以外わかりません。人に知られたくない、見られたくないモノをどうするか、考えておくべきです」(吉田氏)

 死は必ず訪れる。そのときどうするか、今から考えておく必要があるだろう。

※週刊ポスト2013年1月18日号



人気ランキング

1.
今でしょ先生の教え子達 「本当にハイレベルな授業だった」
2.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
3.
今すぐやめて!タバコと同じくらい健康によくない生活習慣6つ
4.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
5.
韓国企業が仕方なく始めた独自のイメージ戦略の結果は散々に
6.
プロ野球名物記録員が目撃 金田正一氏が土下座した相手は?
7.
下着CMに日本人女性起用増 AKB48「ヘビロテ」PVが影響した
8.
肉体関係なしでも男女の不倫認定 裁判所が44万円の賠償命令
9.
SDN48【7】佐藤由加理と芹那がビキニ姿で濃厚密着する
10.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき 嘘つき韓国の正体

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

おっぱいバイブル

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。