携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130110_164256.html

注目のビジュアル

高級路線に舵を切った牛丼チェーン「松屋」

九州朝日放送の三澤澄也アナ(25)

藤沢里菜二段。史上最年少15歳のタイトルホルダー

アメリカ・ワイオミング州の「青い温泉」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

業田良家4コマ「平和小学校の校則」

五重屋根のほぼ全体が見られるようになった姫路城大天守

『らーめん天神下 大喜』の「冷やし中華」

長野放送出身の岸田あさみさん

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

元小学校教師 死後に1000本超えるAVが見つかり遺族も絶句

2013.01.10 16:00

 自分がいざ死んだとき、残された人たちに迷惑を掛けないよう、希望や意向を書き記しておく“エンディングノート”に、今注目が集まっている。

 とはいえその一方で、妻や子には絶対に言えなかった秘密が死後に明らかになり、コツコツと積み上げてきた信頼が地に堕ちることもある。日本初の遺品整理専門会社「キーパーズ」の吉田太一氏は、遺品整理の現場で様々なケースに遭遇するという。

「別居していた父親の部屋から女性の下着や、化粧品が山ほど出てきた。娘さんは『こんな親父、早く死んでくれてよかった』と吐き捨てるように言っていました」

 死後に愛人や隠し子の存在が発覚しトラブルになることは多い。生前、その“芽”を見つけ、早めに対処しておくことも必要かもしれない。

 他にも生前の本人からは想像できないモノが出てくるケースもある。

「元・小学校の先生というお宅から、1000本を超えるAVが出てきたときは、さすがに遺族の方も絶句していましたね。縁起でもないかもしれませんが、あなたの持ち物がいつ“遺品”になってしまうかは神様以外わかりません。人に知られたくない、見られたくないモノをどうするか、考えておくべきです」(吉田氏)

 死は必ず訪れる。そのときどうするか、今から考えておく必要があるだろう。

※週刊ポスト2013年1月18日号



人気ランキング

1.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
2.
ヨン様 LG財閥令嬢との結婚を妨げる「チャンユユソ」精神
3.
韓国人の国際結婚お見合いツアー 全裸チェックがあることも
4.
松田聖子 離婚情報の裏に慶応病院教授選挙の対抗勢力の影も
5.
チェッカーズのサイドボーカル 鶴久と高杢が共演しない理由
6.
自動車事故から一年半の千野志麻 夫が「放射線治療」の試練
7.
古舘伊知郎氏 情報を処理できずピント外れの発言を繰り返す
8.
フジの月9「HERO」 高視聴率はキムタク1人の功績ではない
9.
60才過ぎの産婦人科医師 国際結婚した女性患者に耳疑う発言
10.
地方名門進学校の甲子園出場 政財界トップも巻き込んだ騒ぎに

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

神の島 沖ノ島

うの 樫木やせ DVDでできる簡単16エクササイズ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。