携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130110_164256.html

注目のビジュアル

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

会見で涙を拭う小保方晴子氏

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

謎の美女・祥子

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

元小学校教師 死後に1000本超えるAVが見つかり遺族も絶句

2013.01.10 16:00

 自分がいざ死んだとき、残された人たちに迷惑を掛けないよう、希望や意向を書き記しておく“エンディングノート”に、今注目が集まっている。

 とはいえその一方で、妻や子には絶対に言えなかった秘密が死後に明らかになり、コツコツと積み上げてきた信頼が地に堕ちることもある。日本初の遺品整理専門会社「キーパーズ」の吉田太一氏は、遺品整理の現場で様々なケースに遭遇するという。

「別居していた父親の部屋から女性の下着や、化粧品が山ほど出てきた。娘さんは『こんな親父、早く死んでくれてよかった』と吐き捨てるように言っていました」

 死後に愛人や隠し子の存在が発覚しトラブルになることは多い。生前、その“芽”を見つけ、早めに対処しておくことも必要かもしれない。

 他にも生前の本人からは想像できないモノが出てくるケースもある。

「元・小学校の先生というお宅から、1000本を超えるAVが出てきたときは、さすがに遺族の方も絶句していましたね。縁起でもないかもしれませんが、あなたの持ち物がいつ“遺品”になってしまうかは神様以外わかりません。人に知られたくない、見られたくないモノをどうするか、考えておくべきです」(吉田氏)

 死は必ず訪れる。そのときどうするか、今から考えておく必要があるだろう。

※週刊ポスト2013年1月18日号



人気ランキング

1.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
2.
導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度
3.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る
4.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
5.
小保方氏 明らかに怪しい答え口にしても凛としてて恐ろしい
6.
「業績が悪く残業代払えない」という会社の言い分は覆せるか
7.
韓国で「慰安婦は売春婦と認めよ」と主張の署名サイトが出現
8.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
9.
入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」
10.
薬丸裕英 新番組の視聴率0%台低迷で住宅ローンが崖っぷち

今日のオススメ

提供元一覧

AKB48 2014オフィシャル カレンダー この花は私です〜AKB48百花繚乱〜

やむを得ず早起き

小学館創業90周年記念企画 ウチノヨメ。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。