携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20130319_177116.html

注目のビジュアル

謎の美女・祥子

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

会見で涙を拭う小保方晴子氏

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

ドカ食いOKの食べ順爆発ダイエットのやせるメカニズムとは

2013.03.19 07:00

 その3人は2か月で“劇的”にやせた。ビビる大木(38才)は、92.6kgから78.8kgの13.8kg減。レッド吉田(47才)は、86.4kg→76.3kgの10.1kg減。

 そして鳩山邦夫元総務大臣(64才)の長男・鳩山太郎氏(38才)は、104.4kg→86.5kgの17.9kg減。

 彼らは『もてもてナインティナイン』(TBS系)で、「食べ順爆発ダイエット」に取り組み、みごと減量、肉体改造に成功した。このダイエットの考案者は、フィジカルトレーナーの石川英明氏。

 基本は食べる順番を守ることだが、それに加えて、あるときには高カロリーの炭水化物をドカ食いしながら、やせていくという驚異のダイエット法なのだ。

 まずは、食べる順番を見直そう。ご飯とみそ汁、おかずを順序よく食べる“三角食べ”は絶対NG。一品を全部食べ切って後、次の一品を食べる。

 順番には以降のルールが。

 食物繊維(生→発酵→その他)→たんぱく質(植物性→動物性)→炭水化物

 例えば、焼肉の場合だと、

1.チョレギサラダ
2.キムチ
3.ナムル・野菜焼
4.玉子スープ
5.タン・はらみ
6.ロース・カルビ
7.ご飯

 1~3が食物繊維、4~6がたんぱく質、7が炭水化物となる。

 この順番なら、血糖値が上がりにくい物から消化されていくため、血糖値の上昇を防げる。血糖値が上がると、体内では下げようとするホルモン「インスリン」が大量分泌される。その反動で今度は低血糖になってしまい、脳が飢餓状態に。再び体が糖を欲して、食欲をコントロールできなくなってしまうのだ。

 また肉と米を一緒に食べると、炭水化物が肉の脂質を取り込んで脂肪として体内に蓄積させてしまう。

 正しい食べ順を行えば、食物繊維から消化され、血糖値の上昇だけでなく、脂質、糖の吸収を抑えられ、同じ量を食べても太らなくなるのだ。

「食べ順爆発ダイエット」には“爆発の日”という炭水化物をドカ食いする日がある。

 人間の体内には、新陳代謝を促進するホルモン「レプチン」が存在する。ところが体重が減ってくると、このレプチンも減少し、ダイエットを続けても約1週間体重が変わらない“停滞期”を迎えてしまう。そこで、一時的に炭水化物をドカ食いする必要があるというのだ。

 いきなり大量の炭水化物を与えられた体は錯覚を起こし、レプチンを一挙に増加させる。これによって、ダイエットの効率がよくなり、停滞期を打破できるというわけ。

“爆発の日”は、毎日体重を測り、停滞期に自分でタイミングをみて決める。

 ただ、“爆発の日”には以下の条件がある。

【1】1日のみ
体内にショックを起こさせ、レプチンを増加させるのは、1日で充分。

【2】体脂肪が女性で28.1%以上、男性で25.1%以上なら“ドカ食い”NG
体脂肪が多いとレプチンの分泌も多いため“爆発効果”がない。

【3】“爆発”の翌日は炭水化物を完全に抜く
「炭水化物を摂ると、体内に大量の水分とグリコーゲンが貯まります。翌日に糖質を抜くと、グリコーゲンが燃焼し、水分が排泄されるので、体重が一気に減り、やる気もアップするんです」(平野さん)

“爆発の日”の食事量は「体重(㎏)×45kcal」が目安。停滞期で51kgの女性なら2295kcalだ。たとえば、こんなに食べられる。

●ホットケーキ 450kcal
●うな重 800kcal
●ピラフ 520kcal
●カルボナーラ 600kcal

 あなたも2か月間、挑戦してみる?

※女性セブン2013年3月28日号


人気ランキング

1.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
2.
平井理央アナ 体のライン強調した服で中畑監督と握手し赤面
3.
韓国で「慰安婦は売春婦と認めよ」と主張の署名サイトが出現
4.
小保方氏 明らかに怪しい答え口にしても凛としてて恐ろしい
5.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
6.
入学式欠席教諭批判の尾木ママ「僕が古くなっちゃったのか」
7.
餃子の王将社長銃殺事件 捜査関係者から早々に白旗宣言出る
8.
バイキング低迷 フジ局内でいいとも終了に今さら疑問の声も
9.
導入検討の残業代ゼロ法案 欧米とは似て非なるただ働き制度
10.
杏 今も視聴率好調で「時代到来、日テレの命運かかってる」

今日のオススメ

提供元一覧

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

やむを得ず早起き

井沢元彦「逆説の世界史」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。