携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20131017_219742.html

注目のビジュアル

官能的なボディを披露する森下悠里

会見で涙を拭う小保方晴子氏

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

SDN48の佐藤由加理(左)と芹那

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

謎の美女・祥子

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

親日国イギリスで「また日英同盟を結んではどうか」の声出る

2013.10.17 07:00

 連日のように中国や韓国の反日報道ばかりを目にしていると、日本があたかも世界の嫌われ者国家かのように思ってしまう。だが、それは違う。
 
 親日国はモンゴル、台湾、トルコ、バングラデシュなど多々挙げられるが、ヨーロッパでも、日本は感謝されている。例えば北欧のフィンランド。『日本が戦ってくれて感謝しています』の著者で、軍事ジャーナリストの井上和彦氏がこう指摘する。

「実は日露戦争において、ロシアが共通の敵だった関係で、日本がフィンランドに武器を提供していたんです。スオメンリンナ島にある軍事博物館には日本が使っていた大砲が置かれていて、この大砲が氷の上を渡ってくるロシア兵を撃退したとか。博物館に並ぶ小銃のなかには、日本の三八式歩兵銃もある。“日本のおかげで今の我々の国がある”という彼らの思いは、アジア諸国と同じです」

 この博物館には、フィンランドの英雄マンネルハイム将軍が、明治天皇から授かった特大の勲章も展示されている。

 フィンランド同様、ロシア帝国やソ連の支配を受けてきたポーランドにも、日露戦争で“ロシアをやっつけてくれた日本”に対する敬意と感謝が根強い。第2次大戦で日本の敵国だったイギリスもまた親日的だ。

「皇室と英王室とのつながりも強く、長く日英同盟で友好関係にあったこともあって、日本に強いシンパシーを感じている。日本海海戦でロシアと戦った戦艦三笠を建造したのは、イギリスのバーローという港で、そこにはいまも、共にロシアを破った記念として“ミカサストリート”という通りがあります。最近では“また日英同盟を結んではどうか”という声まで上がっているほどです」(井上氏)

 理由はさまざまだが、世界中の多くの国々が「日本大好き」「日本よありがとう」と言ってくれている。こうしたメッセージは、我々日本人に対する期待の現われといえる。その言葉に甘えることなく自らを律し、堂々と期待に応える生き方を見せようではないか。

※週刊ポスト2013年10月25日号


人気ランキング

1.
『アナ雪』声優の神田沙也加に大絶賛 来日の監督も生歌に涙
2.
韓国経済苦境 サムスン巨額賠償で現代自動車シェア大幅低下
3.
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
4.
今すぐやめて!タバコと同じくらい健康によくない生活習慣6つ
5.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
6.
泥沼離婚裁判中の上原さくら弁護士 ラブホ報道に頭を抱える
7.
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ
8.
NHK朝ドラ「花子とアン」 元少女愛読者から賛否両論が噴出か
9.
不動裕理プロ結婚 お相手の御曹司からの猛アタックだった
10.
SDN48【7】佐藤由加理と芹那がビキニ姿で濃厚密着する

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

お水漫画の金字塔、女帝シリーズファイナル「女帝 由奈」

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。