携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20131017_219742.html

注目のビジュアル

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

高級路線に舵を切った牛丼チェーン「松屋」

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

CBCテレビの江田亮(りょう)アナ(25才)

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


国際情報

親日国イギリスで「また日英同盟を結んではどうか」の声出る

2013.10.17 07:00

 連日のように中国や韓国の反日報道ばかりを目にしていると、日本があたかも世界の嫌われ者国家かのように思ってしまう。だが、それは違う。
 
 親日国はモンゴル、台湾、トルコ、バングラデシュなど多々挙げられるが、ヨーロッパでも、日本は感謝されている。例えば北欧のフィンランド。『日本が戦ってくれて感謝しています』の著者で、軍事ジャーナリストの井上和彦氏がこう指摘する。

「実は日露戦争において、ロシアが共通の敵だった関係で、日本がフィンランドに武器を提供していたんです。スオメンリンナ島にある軍事博物館には日本が使っていた大砲が置かれていて、この大砲が氷の上を渡ってくるロシア兵を撃退したとか。博物館に並ぶ小銃のなかには、日本の三八式歩兵銃もある。“日本のおかげで今の我々の国がある”という彼らの思いは、アジア諸国と同じです」

 この博物館には、フィンランドの英雄マンネルハイム将軍が、明治天皇から授かった特大の勲章も展示されている。

 フィンランド同様、ロシア帝国やソ連の支配を受けてきたポーランドにも、日露戦争で“ロシアをやっつけてくれた日本”に対する敬意と感謝が根強い。第2次大戦で日本の敵国だったイギリスもまた親日的だ。

「皇室と英王室とのつながりも強く、長く日英同盟で友好関係にあったこともあって、日本に強いシンパシーを感じている。日本海海戦でロシアと戦った戦艦三笠を建造したのは、イギリスのバーローという港で、そこにはいまも、共にロシアを破った記念として“ミカサストリート”という通りがあります。最近では“また日英同盟を結んではどうか”という声まで上がっているほどです」(井上氏)

 理由はさまざまだが、世界中の多くの国々が「日本大好き」「日本よありがとう」と言ってくれている。こうしたメッセージは、我々日本人に対する期待の現われといえる。その言葉に甘えることなく自らを律し、堂々と期待に応える生き方を見せようではないか。

※週刊ポスト2013年10月25日号


人気ランキング

1.
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白
2.
「HERO」第2話視聴率急落の理由を分析 3話で起死回生なるか
3.
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々
4.
チェッカーズのサイドボーカル 鶴久と高杢が共演しない理由
5.
警察の隠語「踊る」「ゆみへん」「H」「てんぷら」の意味
6.
東大卒2億稼ぐトレーダー村田美夏さん キャバ嬢経験も活かす
7.
韓国人男性との結婚 ベトナムやキルギスで禁止の方針が浮上
8.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
9.
韓国人の父に捨てられた「フィリピン版ライダイハン」が急増
10.
小泉今日子48歳 ミニスカートから惜しげもなく太ももを晒す

今日のオススメ

提供元一覧

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実

おっぱいバイブル

緊急書き下ろし!『クオリティ国家という戦略』

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。