ライフ

千堂あきほ「夫と遺伝子を継いだ子供が欲しかった」

 野田聖子衆院議員(50)が母となる道として選んだ最後の手段は、別の女性から卵子を提供してもらって妊娠することだった。しかし、出産すれば“自分の子供”といえるのか、DNAが受け継がれれば“自分の子供”なのか、育てていれば“自分の子供”なのか…。自らも不妊治療を経験したタレントの・千堂あきほ(41)に聞いた。

 本誌が400人の主婦に対してアンケート調査を行ったところ、「“自分の子供”といえる条件としていちばん大切だと思うことはなんですか」という質問に対し、もっとも多かったのが「DNAが受け継がれていること」だった。2番目が「自分で育てること」、3番目が「自分で出産すること」、そして4番目に「戸籍上、自分の子供であると認められること」という回答だった。

 6年間の不妊治療を受けたのちに、妊娠・出産を経験した千堂は語る。「夫と自分の遺伝子を継いだ子供が欲しいという気持ちが強かった。もしできなければ子供がいない2人きりの生活でいいと話し合ったんです」

 千堂はずっと“自分の子供”とは何かに揺れた。

「31才から不妊治療をはじめて5年経ったとき、こんな人工授精の繰り返しがいつ終わるのかと悩むようになったんです」

 生理がくるたびに、また駄目だったと落胆する。海外のセレブが養子をもらったという話を聞けばインターネットで調べ、代理母出産や体外受精が話題になると本を読んで勉強した。

「でも、私は養子縁組をしようとは思えなかったし、子供を授かるというのは神の領域というか……それは私にとっては自分の体の中で受精する人工授精までという線引きがあったので、体外受精や卵子提供には踏み切れなかった」(千堂)

 育てたいのか、産みたいのか、わからなくなったというつらい時期を送るようになり、千堂は37才で不妊治療をやめた。そして、やめてしばらく経ったとき自然に子供を授かった。

「不妊治療をしていたころは、純粋に子供が欲しいというだけでなく、ひとつの所有物を絶対欲しいというような別の感情が湧いてきて、自分でも怖かったです」そう振り返る。

※女性セブン2010年9月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン