• TOP
  • 芸能
  • 武富士創業者自宅の超巨大トイレに桜庭あつこ仰天していた

芸能

2010.09.30 07:00  週刊ポスト

武富士創業者自宅の超巨大トイレに桜庭あつこ仰天していた

 1990年代後半、俳優・羽賀研二とモデルの梅宮アンナとの三角関係騒動で話題となったセクシータレントの桜庭あつこ。その後も格闘技の大会に出場するなど世間の注目を集めていた。そんな彼女は、2003年末に盗聴事件で逮捕され騒がせた武富士創業者の武井保雄氏(故人)と意外な接点があったという。(週刊ポスト2004年1月1・9日号より)

「トイレは超高級ホテルのトイレと見紛うほどの大きさで、作りも豪華。天井もどーんと高くて、とにかく何もかもがゴージャスでした」(桜庭)

「仕事関係者に連れられ、もう一人のタレントさんと一緒に、6年ほど前に武井会長の自宅で行なわれたパーティに1回だけ行ったんです。武井会長とは挨拶を交わした程度でしたが、息子さんと大ホールのような部屋で社交ダンスを踊りました。緊張していた私の手を引いて、“大丈夫ですよ。僕がリードしてあげますから”といわれたのを覚えてます」(桜庭)

 この“真正館”と呼ばれる武井前会長の自宅は敷地面積が約1500坪、社員の研修施設も兼ねており、有名人を招いたイベントなども頻繁に開かれていたという。

関連記事

トピックス