• TOP
  • 国内
  • 北海道の中学教師 「ジャミラ」を題材に人間の善悪を説明する

国内

2010.11.09 17:00  週刊ポスト

北海道の中学教師 「ジャミラ」を題材に人間の善悪を説明する

 円谷プロダクションが制作するウルトラマンシリーズは、『ウルトラマン』(1966~1967年)『ウルトラセブン』(1967~1968年)ほか現在に至るまで20を超える作品が放映されている。
 
 北海道苫小牧市の公立中学校で国語を教える、神谷和宏教諭(37)は13年前からウルトラマンを題材に、善悪を問う授業を行っているが、神谷氏が教材とするのは、1970年代半ばまでに作られた初期作品も多く含まれる。それは同時期のウルトラマンが、叙情性に富んでいるからだ。

 例えば『ウルトラマン』に登場する怪獣ジャミラは、人間の宇宙飛行士だったが国に見捨てられ、宇宙を彷徨った末、変わり果てた怪獣だ。その恨みを晴らすべく国際会議場を襲い、ウルトラマンはジャミラが社会から見放された人間であることを知りつつ、“人間”のために倒さざるを得ない。
 
「あなたは、ウルトラマンがかざした正義をどう捉えますか」と神谷氏は記者に問いかけた。「大義を守ったウルトラマンだったが小さな正義は守れなかったのではないか」という記者の答えに、優しい笑みを浮かべながら神谷氏は語った。

「子供たちは、みんな“ジャミラが可哀想だ”と言っていましたよ。ウルトラマンは正義の味方というより、人間の味方に過ぎないことを、鋭い感性で感じ取っているんですね。敵役にだってやむにやまれぬ事情がある場合もあるし、怪獣や宇宙人が悪とも限りません」

 例えば『帰ってきたウルトラマン』に登場するケンタウルス星人は、人間の女性に扮してスパイ活動をする宇宙人だ。しかし、次第に人間に思いやりを抱くようになり最後には怪獣を道連れにして自爆してしまう。敵ですら、善悪の境界を揺れ動くのである。

「この授業の究極の狙いは、子供たちに社会を知る力を付けさせることです。我々がテレビを通して見る世界だけが情報ではない、と生徒には口うるさく言っています。むしろ、その裏に真実が隠されていますから」

※週刊ポスト2010年11月19日号

関連記事

トピックス