• TOP
  • 国内
  • 上野で摘発された風俗店美人店長 北朝鮮に3500万円送金

国内

2010.11.14 10:00  週刊ポスト

上野で摘発された風俗店美人店長 北朝鮮に3500万円送金

 上野にある人気マッサージ店「らくらく」が禁止区域で風俗営業を行なっていたとして摘発された。実は店長・卓浄淑容疑者(49)以下従業員は皆、脱北者。しかも、北朝鮮のスパイだったという驚愕の事実が浮かび上がってきた―。

 この卓が上京した際に頼ったのが、東京・上野で風俗店「O整体院」「R整体」などを経営していた申熙蓮容疑者(44)だった(10月4日、卓とともに風営法違反容疑で逮捕)。

 申は2004年に脱北し、卓同様、韓国の脱北者定着支援施設「ハナ院」を経て、2006年4月に日本に入国。2人が知り合った経緯は定かでないが、上京した卓は申が経営していた店を手伝うことで資金を貯め、自分の店を開業させたともいわれている。卓の店が軌道に乗ると、申に経営権を譲ったこともあったというから、2人は持ちつ持たれつの親密な関係にあったことが窺い知れる。

 申は今年5月にも風営法違反で逮捕され、100万円の罰金を科されている。09年1月から今年5月までの1年強で約1億円を稼ぎ、3500万円を地下銀行を通じて北朝鮮に送金していたことが判明している。

 この申の経歴もまた、脱北者としては極めて不可解なものだった。韓国・国家情報院の調査によると、卓は北朝鮮にいたときは人民武力部(日本の防衛省、アメリカの国防総省に相当)傘下の貿易会社の職員をしていたのだ。人民武力部には対外活動を行なう特殊部門がある。申は貿易会社という隠れ蓑を使って何らかの特殊工作に携わっていた可能性が高い。

 さらに調査の結果、申が人民武力部の幹部ら高官3人の愛人だったことも明らかになっているという。申を知る人物によれば、彼女は演歌歌手の桂銀淑に似た妖艶な美人で、実際の年齢より10歳は若く見えた。

「申の親兄弟はみな、首都・平壌で裕福な生活を送っていることがわかっている。それなのに、なぜ彼女が脱北しなければならなかったのか。また、申が上野に風俗店を開く際には店の保証金などで数百万~1000万円はかかっているはずだが、資金集めに苦労していた形跡もない。

 人民武力部という経歴からして、彼女は北朝鮮からなんらかの使命を帯びて日本に送られてきた人物である疑いがある。目的は外貨稼ぎと脱北者の情報収集だろう。さらに最近、北朝鮮から覚せい剤の流入が再び活発化しているため、その懸念もあった」(捜査関係者)

※週刊ポスト2010年11月19日号

関連記事

トピックス