国際情報

延坪島砲撃事件 北朝鮮難民の日本への不法流入を専門家懸念

 北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃した事件は世界中に衝撃を与えたが、この事件は日本にはいかなる影響をもたらすのだろうか? 今回の砲撃で、戦争への警戒レベルは最高レベルに上がるなど、さながら「戦時態勢」に突入した状態になっている。ジャーナリストの惠谷治氏は北朝鮮の行動について金正恩への後継体制を内外に示すパフォーマンスの一環だと語る。

 * * *
「金正日が後継者として1980年代に公式に決まった際にも韓国人が死亡したラングーン事件、金賢姫らによる大韓航空機爆破事件を引き起こしていて、今回の動きと似ています。軍事力を示したつもりでしょうが、手動で砲撃したことで着弾の精度は低かった。島には約1000人の韓国軍兵士が駐留しているが、被害を受けたのは北朝鮮の核実験を観測する軍事施設やガソリンを貯蔵していた貯蔵庫が燃えた程度。今の軍事力では北朝鮮は負け戦になるから戦争の可能性は低い」

 その一方で、「韓国と北朝鮮との落とし所が見つけられないと戦火に発展する可能性もある。その場合、日本も韓国、米国との軍事協力のもと何らかの支援は必要になるだろうし、難民が北朝鮮から不法に流入することもあり得る」(惠谷氏)と警鐘を鳴らす。

 朝鮮戦争から60年、アジアの領土問題はいまだ燻っている。

※週刊ポスト2010年12月10日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン