• TOP
  • 芸能
  • リオン容疑者らに息子殺された父「リオンは筋の通ったワル」

芸能

2010.12.25 17:00  女性セブン

リオン容疑者らに息子殺された父「リオンは筋の通ったワル」

10年前、東京大田区で暴走族グループ23人が、敵対する暴走族グループと間違えてまったく関係のない少年5人を突然襲撃する事件が発生した。襲われた少年たちのなかの1人Aさんは、約1時間半に渡り拉致され暴行を受けたあと解放されたが、脳挫傷で間もなく死亡した。

この事件で、傷害致死容疑で逮捕された暴走族グループのなかに、市川海老蔵殴打事件で逮捕された伊藤リオン容疑者(27)がいた。亡くなったAさんの父親・Bさんを訪ねると、10年前にリオン容疑者が関与したこの事件の顛末を聞いた。

大切な息子を失ったBさんの悲しみは底知れない。しかし、リオン容疑者に対しての恨み言は出てこなかった。

「伊藤リオンは、『申し訳ないことをした』『(亡くなったAさんが)毎晩夢に出てくる』っていって、とても反省してるといっているって聞いたよ。

今回の事件(海老蔵殴打事件)があって、段ボール箱をひっくり返して当時の調書を読み返したんだよ。彼はそんなに芯から悪い人間じゃないと思いますよ。ワルはワルなんだけども、筋は通っている。警察や検事の供述書類を見ても、きっちりと事件のことを振り返って正直に話している。他の暴行犯の証言と比べてもあの男だけは正直だった。素直な感想もいっていたしね。そこで嘘をついているかどうかは、他の22人の供述と照らし合わせればすべてわかりますからね」

Bさんは息子の死を受けて、犯人グループ23人に対して、1人一律500万円の損害賠償請求の裁判を起こした。他の人が「出所して真面目に払います」といったり、親が「息子が刑期を終えて出てきたら払わせます」といってうやむやにしてしまうなか、リオン容疑者はその賠償金もすぐに払ったという。

「伊藤リオンと、グループのリーダーの両親だけが500万円を1回で払って、あとの5~6人の家族が200万円ずつぐらいかな。あとは一銭も払ってもらってません」

※女性セブン2011年1月6・13日号

関連記事

トピックス