• TOP
  • 国内
  • 女はスマホに「かわいい」「ピンク」求める 男はここをホメろ

国内

2011.03.11 16:00  NEWSポストセブン

女はスマホに「かわいい」「ピンク」求める 男はここをホメろ

「10-30代女性のスマートフォン利用に関する調査」MMD研究所

 シーズンごとに新機種が発売される携帯電話。現在はスマートフォンに各社が力を入れているが、まだまだ既存の携帯電話を使用している人も多い。

モバイルユーザーの調査に詳しいMMD研究所が発表した「10-30代女性のスマートフォン利用に関する調査」によると、45%が購入に前向きであり、20代女性の半数がスマートフォンを購入したいと考えている──という結果が出た。

 理由としては「アプリやゲームを楽しみたい」「インターネット機能が使えるから」と、機能面に注目しているようにも見えるのだが、アンケート結果をよく見ると“そんなに前向きな人が多いのに、どうして女子のスマホ化があんまり進んでいないのか?”というのがわかる。

 今回明らかになったデータとしては、まず「欲しいスマートフォンの色」1位は43.9%で「ピンク」である。そして「スマートフォンに求めること」の5位が、「カラフルでかわいい色」。

 各社がしのぎを削って「こんな機能が!」とか、「アプリ楽しい♪」とかやっても、結局のところ女子にとっては「えー。でも、かわいくなーい!」の前には、太刀打ちできないのだ。

 逆に考えてみると、極論かもしれないが「ピンク=かわいい」を前提に置いておけば、新しい女子に出会うことが増えるこの季節、会話に困ることはない……ともいえる。

 出会ったばかりの人に限らず、なかなか会話の糸口が見つけられない時、相手が女性であれば、何かをほめることで盛り上がる可能性が出てくる。しかしいきなり「かわいいね」とか「きれいですね」といったことを口走ると、むしろヘンな反応になったり、引かれてしまうようなことが起きる恐れがある。

 そこで記者の周りの女性に聞いてみたところ、「服や持ち物は、気に入って買うものだから、自分の気に入っているものをほめられるのは、素直に嬉しいと思う」ということで、具体的な「もの」に対してほめ言葉を言う分には、こうした悲劇は避けられるという。

 困った時には相手が身につけているものの中で「ピンク」を見つけ、それを「かわいいね」と言うのが、どうやら「最大公約数的な正解」テクニックといえるだろう。

 話がそれたが、自分がスマートフォンユーザーの場合、周りから「どれを選べば良いか?」といった相談をされることも増えてくる。

 ここで気をつけたいのは相手が女子の場合、延々と機能の蘊蓄について語り、気がつくとうんざりした表情をされ、内心では“相談してきたのはそっちなのに……”としょんぼりするパターン。

 前出の「スマートフォンに求めること」の結果を見ると、最近搭載されるようになった「ワンセグ」や「おサイフケータイ」など、“スマートフォンである必要はないよね? むしろ携帯で満足しているのでは?”と言いたくなる。

 しかしせっかく頼ってきた女子に「携帯でいいんじゃない?」というのでは、ポイントが稼げない。そこでアンケート結果を元に考えると、「最大公約数的な正解」のスマートフォンは、2011年3月10日から順次発売の『IS05』(au)が有力株。

 サイズもコンパクトで軽量、「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線」OKで、なんといってもポイントはカラーリングに「ピンク」があるのだ。

 なお「どうだ。これで文句はあるまい!」と薦めてみたところで、「docomoじゃないとイヤ」と言われたり、気づいたら結局『iPhone』を持っている姿を見ても、めげたりしないように。

関連記事

トピックス