• TOP
  • ライフ
  • 【問題】都内最古の木造駅舎は何駅か?(ヒント・山手線)

ライフ

2011.03.19 16:00  週刊ポスト

【問題】都内最古の木造駅舎は何駅か?(ヒント・山手線)

巨大蒸気機関車風の真岡駅駅舎(栃木県)

 JR、私鉄、路面電車など全国に約9900の駅舎が存在するが、中でも、ユニークな形の珍駅があるのは地方部。多くの利用客を出迎える合理的な構造が不要で、個性的なデザインで建築できるためだ。

「国鉄民営化に際し、利用客の少なかった五能線は廃止が囁かれていました。そこで路線存続のアピールと地域活性化の意味を込めて木造駅に大型土偶をデザイン。以来、観光客が絶えない人気です」(木造駅関係者)

 もちろん、ユニークな駅舎は地方だけでなく、首都圏にもある。ここでは関東地方の個性的な駅舎を紹介しよう。

 意外なドラマが隠される珍駅を巡る旅も一興かもしれない。

■栃木 真岡駅(真岡鐵道・真岡線)
 平成6年にSLが復活し、現在、SLの運行本数で日本一を誇る真岡鐵道。「SLもおか」の停車駅・真岡駅は平成9年に地上4階建ての巨大蒸気機関車に変貌を遂げた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス