• TOP
  • ライフ
  • 大前研一氏「親友がいないという悩みはどうでもいい類の話」

ライフ

2011.04.15 07:00  週刊ポスト

大前研一氏「親友がいないという悩みはどうでもいい類の話」

 親友がいない――そう悩む人物に大前研一氏が優しく回答。まずは質問を見てみよう。「この4月に2年生になる大学生です。学部やサークルに友人と呼べる人たちはいるのですが、親友と呼べるほどの人は今のところいません。恋人も募集中ですが、それよりも信頼できて、いろいろなことを語り合える親友と呼べる関係に憧れます。友情について大前さんはどのように考えていますか?」。以下、大前氏による回答だ。

 * * *
 親友が欲しいということだけど、別にいなけりゃいないでいいじゃない。「ペニスが短くて悩んでます」というのと同じぐらいありがちで、どうでもいい質問だよ。俺なんか、友人はみんな親友と思っちゃうけどね。

 友人はいるけど親友がいないというのは、自分の側でグレード分けしてるわけだ。そういう発想そのものに問題があるんじゃないのかね。

※週刊ポスト2011年4月22日号

関連記事

トピックス