国内

原発20km圏内で活動中の動物愛護団体 人間に興味なさそう

 避難指示区域となった福島第一原発20km圏内の街は今どうなっているのか、ジャーナリストの藤倉善郎氏がリポートする。

 * * *
 福島第一原発から20km圏内で動くものといえば、首輪をした犬たちくらいだ。車を止め、ドッグフードをやり始めると、たちまち6~7頭に囲まれてしまった。

 福島県浪江駅前で、そんな犬たちを保護しに大阪から来たという動物愛護団体のメンバーに遭遇した。

「飼い主が一時帰宅して餌をやっている犬を誤って保護しないよう、衰弱している犬だけを保護しています。いま複数の団体が20km圏内に入っていて、手当たりしだいに犬を保護して名を挙げようとしている団体もある。数多く保護すれば、それを宣伝材料にして大々的に寄付金集めができますから」

 近くのショッピングセンター周辺も犬や猫がうろついている。誰が置いて行ったのか、ベンチに大量の餌が袋ごと山積みだ。そこに突然、50代の男性が自転車で通りかかった。

「福島市に避難したんだけど、風邪を引いたらもう(避難所が)拒否だよ。よそに行っても、もう入れてくんねぇんだ。だから浪江に帰ってきた。こっちの方が楽だよ。食事は3日に1回。食料を長持ちさせるんだよ」

 そこに今度は、迷彩服姿の女性が車で登場。川崎市の動物愛護団体のメンバーだという。

「猫ちゃんを見かけてれば教えて欲しいんですけど」
「ちょっとわがらねぇ」
「ああ、そうですか」

 女性は、“猫ちゃん”の情報が得られないとわかると、あっさりと立ち去った。人間には全く興味がないようだ。

※週刊ポスト2011年4月29日号

関連キーワード

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン