芸能

児玉清さん 『アタック25』で好みのタイプの女性に甘かった

16日、胃がんのため東京都内の病院で亡くなったタレントの児玉清氏。『パネルクイズアタック25』(朝日放送)の司会者を36年間の長期にわたって続けたことで知られる。児玉氏は紳士然とした風貌だが、自身の性格を「頑固で負けず嫌い」と分析する。その頑なさが、逆に「曖昧な」芸能界を生き抜いてこられた秘訣かもしれない。アタック25を長年続けられたことについて児玉氏はいう。(週刊ポスト2007年6月15日号より)

「長く続けてこられた理由をよく聞かれるけれど、それはひとつ、一回もちゃんと司会できたことがないのが悔しいからですよ」

 ただの一度も、納得したことはない。

「回答者は毎回変わるし、お互い競い合って、赤が青を逆転するかみたいな展開になっても、最後の最後にそれまで黙っていた白がプシューと押して、『あああ……正解です』で終っちゃうんだよね(笑)。ちっとも私が頭の中に描いたような展開にならないんだ」

 回答の時間切れのブザーは児玉が押すが、あるとき、妻からこんな注意を受けた。

「あなた、自分が勝たせたいと思う回答者のときはブザーを押すのが0.何秒か遅いわよ」

 いわれてみれば、思い当たる節もある。

「応援に来ているご家庭の雰囲気とか良かったりすると、ついつい、ねェ。え? 好みのタイプの女性にもあまい? 若いときはそれもあったかもねェ。意図的でなく自然にやってしまっていたことを家内に衝かれて愕然としたものです」

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン