ライフ

テニス主婦 仲間が高級店連れて行くため夫激怒で強迫性障害

 東日本大震災以降、被災地以外でも心の不調を訴える人が増えている。「いまはまさにうつの時代」と話すのは、ヒガノクリニック院長の日向野春総さん。

「いまは経済も低迷し、独創的なことが嫌われ、なんでも小さくまとまる時代。ストレスを発散しにくい社会環境なんです。そんなときに今回のような震災が起こると、被災していない地域の人でも不調を訴え、うつ病を発症しやすい状況になっているといえます」

 テニスが趣味だったパート主婦のAさん(48才)のケースでは、ママ友のすすめもありテニスクラブに入会。クラブの帰りには仲間とランチやお茶をしていたが、Aさん以外の主婦は比較的お金に余裕があるらしく、誘われるお店が高級なところばかり。

 Aさんはせっかくできた友達関係を壊したくないという思いと見栄から、なんとか家計をやりくりしてつきあっていたが、夫から「無駄遣いばかりするな」と怒られたことがきっかけで眠れなくなってしまったという。そのうち、一日中どうしたらいいのか考え込むようになり、家事も手につかない状態に。

「Aさんは、見栄をはって無理にテニスクラブのつきあいをしていたため強迫性障害になってしまったケースです」(日向野さん)

 強迫性障害というと、何度も手を洗わないと気がすまない、家のカギを閉めたか何度も戻って確認しないと不安、といった症状があるが、Aさんのように「みんなと合わせてつきあわなくては」と対人関係に強いストレスを感じ、不安感に襲われるという症状もある。

 強迫性障害は、真面目な人や几帳面な人、完璧主義の人がなりやすいのが特徴だ。

「治療には抗うつ剤などの薬を使うこともありますが、Aさんのようなケースは、ストレスの原因となっているテニスクラブをやめるしかありません。実際に彼女もクラブをやめたとたんにケロリと治ってしまいました。家族は、本人のプライドを傷つけないようにアドバイスしてあげることも大切です」(日向野さん)

 家族は、「体が疲れちゃうからテニスは休んだほうがいいんじゃない?」などと、やめる理由を一緒に考えてあげることが有効だ。

※女性セブン2011年6月2日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン