• TOP
  • 芸能
  • 芦田愛菜が着た子供服バカ売れ 「瞬く間に完売する」とメーカー 

芸能

2011.06.18 07:00  NEWSポストセブン

芦田愛菜が着た子供服バカ売れ 「瞬く間に完売する」とメーカー 

 主演ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系、毎週日曜午後9時~)が大ブームとなり、一躍、注目を集めている天才子役・芦田愛菜ちゃん(6)。この人気が、意外なところに波及している。

 同ドラマは、独身アラフォー男(阿部サダヲ)が、親友の遺児である双子の姉弟を引き取り、子育てに悪戦苦闘する日々をユーモラスに描くハートフルコメディー。愛菜ちゃんは、鈴木福くん(6)と姉弟役で出演している。視聴者には女性が多いとされるが、愛菜ちゃんと同じくらいの年の女児をもつ母親は、そのファッションにも注目しているという。

 6才の娘をがいる30代の母親はこう話す。
「ストーリーやダンスにももちろん夢中なのですが、それと同じくらいに愛菜ちゃんが着ている服も気になりますね。もう、たまらなくかわいいんですよ。毎週、娘といっしょにチェックして、服の合わせ方をマネたりしています」。

 別の20代の母親も「愛菜ちゃんの服がどのブランドのものかネットで調べて、同じブランドのものを買って娘に着せるようになりました。割とお手ごろな価格のものが多いのもいいんですよね」と明かす。

 各メーカーにはこうした母親から問い合わせが殺到しているという。

 衣装協力をしている子供服ブランド『chocola(ショコラ)』を展開するメーカー「ウィッシュ」の代表・野村宏昌さんは「ドラマが回を重ねるごとに、問い合わせ件数がどんどん増えていってます。これまでにもたくさんのテレビドラマで衣装協力させていただいているのですが、ここまで反響が大きいのは初めてですね」と、その反響に驚く。

 同じく衣装協力をしている子供服ブランド『hakka kids(ハッカキッズ)』のメーカー「ファッション須賀」の広報担当者も「弊社のブログで、愛菜ちゃんが着たものと同じ商品をアップするなどして対応しているのですが、瞬く間に完売してしまうという状況です」と話す。

 ファション業界では、人気モデルが着用するとそのアイテムが売れることからエビ売れ(蛯原友里)、つばさ売れ(益若つばさ)なんて言葉があるが、子供服業界では、いまや“愛菜売れ”ともいえる状況。愛菜ちゃんが新ファッションリーダーとなる日もそう遠くない!?

関連記事

トピックス