芸能

立川談笑は古典落語を現代人にウケる話に改作する達人

 広瀬和生氏は1960年生まれ、東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。30年来の落語ファンで、年間350回以上の落語会、1500席以上の高座に接する。その広瀬氏が「改作の達人」と評する落語家が、立川談笑である。

 * * *
 立川志の輔・立川談春・立川志らく。この三人が立川流の俊英三羽烏だが、彼らに続く「第四の男」として確固たる地位を築いているのが、改作落語で人気の立川談笑だ。1965年生まれ、東京出身。早稲田大学法学部卒業後、予備校講師をしながら法律家を目指したが、1993年に立川談志に入門。1996年に二ツ目、2005年に真打に昇進している。

 談笑は落語界で最もアグレッシヴに「現代における大衆芸能としての落語のあり方」を追究している演者の一人だ。彼は落語常識に囚われない自由な発想で古典落語を「現代人にウケる噺」に作り変える。滑稽噺から大ネタ、人情噺に至るまで、談笑が手がける古典は数多いが、それはすべて大胆な「改作」だ。

「現代人のための古典の再構築」の先駆者に立川志らくがいるが、彼の根幹にあるのは強烈な「落語愛」だ。「古典落語は優れたエンターテインメント。もしも現代の観客に通じないとすれば、それは演者の怠慢である」と志らくは考える。

 一方、談笑の原点には古典への「懐疑」がある。「現代人が古典を古臭いと感じるのはむしろ当たり前。だが、工夫すれば面白くなる」これが談笑の発想だ。

 たとえば古典の名作『芝浜』にしても、談笑はまず「いくら酒浸りでも、夢と現実の区別が付かないのはおかしい」と疑ってかかる。「なのに亭主は女房の『財布を拾ったのは夢』という主張を受け入れた。何故?」――そういう発想で談笑の「改作」は展開し、「論理的に正しい解答」となるべき新演出に到達する。古典に違和感を覚えながら、古典から逃げない。それが談笑だ。

※週刊ポスト2011年7月1日号

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン