立川志らく一覧

【立川志らく】に関するニュースを集めたページです。

弟子の立川談春(左)と立川志らく(撮影/井上たろう)
〈立川談志、伝説の一席〉弟子の談春・志らくが語る2007年の『芝浜』とその後
 生涯にわたって年末の定番『芝浜』に向き合い続けた立川談志(享年75)。若い頃から「古典落語だけでは落語が滅びる」との考えを持っていた談志が、大晦日の情景と夫婦の愛情を描いた古典に執着したのはなぜなの…
2023.12.27 06:59
週刊ポスト
「立川談志による伝説の一席」をふたりの弟子はどう見ていたのか
【伝説の落語家・立川談志】13回忌の節目に談春・志らくが語る 伝説の一席、2007年の『芝浜』
 立川談志(享年75)は、若い頃から「古典落語だけでは落語が滅びる」との考えを持ちながらも、生涯にわたって年末の定番『芝浜』に向き合った。なぜ談志は執着したのか。『下町ロケット』などのドラマにも出演す…
2023.12.27 06:58
週刊ポスト
高田文夫氏注目の本が続々(イラスト/佐野文二郎)
立川志らく、松村邦洋、プチ鹿島…高田文夫氏の半径50mぐらいにいる人々が面白本を次々出版
 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、周囲の人々が出版した本についてつづる。 * * …
2023.01.29 07:00
週刊ポスト
【動画】立川志らく語る「談志の名を継ぐ気はなくなりました」
【動画】立川志らく語る「談志の名を継ぐ気はなくなりました」
 立川志らくさんが『週刊ポスト』のインタビューに答えました。 伝説の落語家・立川談志さんの愛弟子だった志らくさんですが、「談志を継ぐ気はなくなった」そうです。 その理由について志らくさんは「談志はト…
2021.12.29 16:00
NEWSポストセブン
「談志」を継ぐ気がなくなった理由は?
志らくが語る談志「生き様は真似できない。芸だけは引き継いでいきたい」
 伝説の落語家・立川談志の愛弟子だった立川志らくは、没後10年、片時も師匠のことを忘れたことはなかったという。志らくは今、多くの弟子や孫弟子を抱える。彼らを教育するうえで、談志の教えをたびたび思い出す…
2021.12.23 16:00
週刊ポスト
立川志らくが振り返る談志との関係「他の弟子より明らかに可愛がられた」
立川志らくが振り返る談志との関係「他の弟子より明らかに可愛がられた」
 テレビの世界でも大人気となった落語家・立川志らく。志らくが、伝説の落語家・立川談志の愛弟子だったことを知らない世代も増えているかもしれない。志らくは日本大学芸術学部演劇学科で落語研究会に所属。1985…
2021.12.22 16:00
週刊ポスト
「談志」を継ぐ気がなくなった理由は?
立川志らくインタビュー「談志という名前を継ぐ気はなくなりました」
 いまやテレビでその姿を見ない日はない立川志らく。彼が伝説の落語家・立川談志の愛弟子だったことを知らない世代も増えていることだろう。だが志らく自身は、没後10年、片時も師匠のことを忘れたことはなかった…
2021.12.21 11:00
週刊ポスト
12月はいろんな会が
高田文夫氏も師走はやっぱり忙しい 笑芸ファンが楽しめる会が続々
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。師走にぎゅっと目白押しな、笑いの世界を堪能できる色々を紹介しよ…
2021.11.03 19:00
週刊ポスト
朝の情報番組の「終了&卒業」その裏では何が起きているのか
朝の情報番組の「終了&卒業」その裏では何が起きているのか
 4月の改編では、朝の情報番組が大幅にリニューアルされた。その背景に何があったのか──。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、分析する。 * * *卒業する出演者に対する番組スタッフの“愛”のなせるワ…
2021.04.02 16:00
女性セブン
TBSは『ラヴィット』で独自路線を見出せるか?(番組公式サイトより)
『ラヴィット!』苦難の船出 TBSの午前8時台はなぜ苦戦するのか
 TBSの午前8時台が苦戦を強いられるのは伝統なのか──。TBSは立川志らくの『グッとラック!』に代わり、3月29日から麒麟・川島明と田村真子アナウンサーによる情報番組『ラヴィット!』(平日8時~9時55分)をスタ…
2021.04.01 07:00
NEWSポストセブン
渡部建の不倫の場が波紋を呼んでいる
渡部建「文春で告白」の影響、バッシングを加速させた可能性
 複数の女性と不倫していたことが発覚し、芸能活動を休止することとなったアンジャッシュの渡部建(47才)。その後、第一報を報じた『週刊文春』の独占取材を受け、謝罪するとともに、妻である佐々木希(32才)や…
2020.06.29 16:00
NEWSポストセブン
高田文夫氏が振り返るたけし、竹山、松之丞らと会う楽しさ
高田文夫氏が振り返るたけし、竹山、松之丞らと会う楽しさ
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、1月27日から2月8日まで、ビートたけし氏、立川志らく、カン…
2020.02.18 16:00
週刊ポスト
アンチを気にする宮迫(YouTubeより)
ネットの有名税と無名特権、ダルと志らくはもっとやっちゃえ
 有名であるがゆえに、本業だけでなく、恋愛関係や不祥事などをメディアで報じられたりすることは「有名税」と呼ばれる。最近では、ネット上でアンチから非難されることも有名税の一種と言えるかもしれない。その…
2020.02.10 16:00
週刊ポスト
その日を振り返る『志らく一段落』。この日は若い女性に増えている清家手術の話題に触れ、父としての心境を語った。 
立川志らく、テレビで和装を貫く理由と目指す「超二流」
 落語界の風雲児・立川談志のDNAを受け継ぎ、歯に衣着せぬコメントで令和のテレビ界を賑わせている男、立川志らく(56才)。コメンテーターの枠を超え、2019年秋口からは新たなる挑戦として情報番組『グッとラック…
2020.01.19 07:00
女性セブン
自称“寅さん博士”の立川志らく「No.1マドンナは竹下景子」
自称“寅さん博士”の立川志らく「No.1マドンナは竹下景子」
 もともと洋画好きだったのが、師匠の故・立川談志さんや、兄弟弟子でもある高田文夫氏の影響で『男はつらいよ』シリーズを見始めたという落語家の立川志らく。それをきっかけにすっかり寅さんにハマり、今では寅…
2020.01.02 07:00
週刊ポスト

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン