• TOP
  • ライフ
  • 50才夫 「いまはツイッターはやってるね」とハマり妻呆れる

ライフ

2011.06.29 16:00  女性セブン

50才夫 「いまはツイッターはやってるね」とハマり妻呆れる

 ツイッターにハマるバカダンナにうんざりしているという栃木県在住のパート勤務Yさん(50才)。ツイッターくらい、いまどき誰だってやってるよ…なんてことをいう人もいそうですが、50才を過ぎた夫婦にとっては、そうでもないみたい。というわけで、Yさんによるバカダンナエピソードです。

 * * *
 ダンナはガテン系。数年前までは、ケータイは通話さえできればいいという人。それがいまじゃ、朝から晩まで、ケータイばっかり。きっかけは長女なの。東京に出るのに「オソロのケータイもってメル友になろ。毎朝、パパにメールするから」って、ダンナに猫なで声で、ケータイの最新機種をおねだり。

 だけど娘だって、そうそう父親なんかかまっていられないもん。メールの返信が1日おきになり、週末だけになり…。

 そしたらダンナ、携帯のマニュアル本を買ってきて、絵文字やら、顔文字やらを覚えてメールするようになったの。

 娘から「かわいいじゃん」って返信があったのがよっぽどうれしかったんでしょう。あっという間にケータイを使いこなすようになって。で、今度は「いまはやってるのは、ツイッターなんだってね」っていいだして、またまたマニュアル本買ってきて、ツイッターをやるように。ヒマさえあればつぶやいてるみたい。誰が50才のオッサンのつぶやきを読みたいんだか、よくわからないんだけどね。夫は「次世代のコミュニケーションツールだからな」ってがらにもないこというんだけどさ。

※女性セブン2011年7月7日号

関連記事

トピックス