ライフ

最新ライフ記事のRSS

徳大寺有恒氏 トヨタ・ヴィッツを「長持ち・合理的」と評価

2011.07.10 16:00

『2011年版 間違いだらけのクルマ選び』が3刷り4万部と好調な自動車ジャーナリスト・徳大寺有恒氏は

『2011年版 間違いだらけのクルマ選び』が3刷り4万部と好調な自動車ジャーナリスト・徳大寺有恒氏は自動車に対し、歯に衣着せぬ厳しい評価をすることで知られているが、そんな同氏が高く評価する車はトヨタ・ヴィッツだという。以下、徳大寺氏によるヴィッツ評だ。

 * * *
 トヨタ車はとにかく長持ちする。北米では「20万キロ走っても壊れない」という神話が生きていたりする。これは工業製品としてのクルマを評価するとき、立派なアドバンテージだ。

 1999年に登場した初代ヴィッツはこういったトヨタ車の利点を活かし、トータルパッケージとしてよくできたコンパクトカーと評価された。実際、ヴィッツは国内で売れたばかりか、世界戦略車として欧州でも“ヤリス”の名で販売され実績をあげている。欧米じゃ「無事これ名馬」がクルマ選びの指標として大事な項目になっているから、ヴィッツの成功は的を射たものだった。

 3代目ヴィッツは、初代に比べて乗り心地がかなり良くなっている。フットワークもコンパクトカーとしては標準以上の評価を与えたい。エンジンに関しては1.3L、1Lともトルク、出足、回転上昇などの面で納得できた。タウンユースが主なら1Lがグッドチョイスとなる。

 最近の日本のコンパクトカーは動力性能と居住性、そして価格が高い次元でバランスしている。長持ちするヴィッツは、なかでも極めて合理的なクルマといえるだろう。

※週刊ポスト2011年7月15日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP