• TOP
  • 国内
  • ドラマ『下町ロケット』出演 寺島しのぶの佇まいを著者絶賛

国内

2011.07.26 07:00  週刊ポスト

ドラマ『下町ロケット』出演 寺島しのぶの佇まいを著者絶賛

『下町ロケット』の著者・池井戸潤氏

 第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏の『下町ロケット』(小学館)。2008~2009年に『週刊ポスト』に連載された同作は受賞に先駆けてWOWOWでのドラマ化が決定。過日、池井戸氏は仕事の合間をぬって、撮影現場へ陣中見舞いに訪れた。

 現場ではキーマンのひとり、弁護士役の女優・寺島しのぶとの初対面も果たした。原作では男性弁護士の設定だが、凛とした寺島の佇まいに「このまま法廷に立っていそう。非常にはまっている」と絶賛。「こんなことなら、最初から女性にしておけばよかったかな」とのコメントも。

「小説とは正反対の映像アプローチを見ることは、同じクリエーターとして新鮮です。ドラマならではの、面白さを期待しています」

 映像の迫力を賞賛する一方、小説のアプローチは、目には見えない人間の心情描写にあると語る。

「僕自身にとって小説とは、“人を描く”ということ。そして自分が読みたいと思う小説を書いている。『下町ロケット』も、そのひとつです」

 子供の頃からミステリーやエンターテインメント小説が大好きだった。少年時代の夢を叶え、人気作家となった現在も変わらず、小説を愛する心が原動力だと語る。原稿を執筆しながら感動し、泣くこともあるそうだ。

 自らが純粋に作品を楽しんでいるからこそ、池井戸氏の小説は人々の心を深く揺さぶるのだろう。

撮影■丹羽敏通

※週刊ポスト2011年8月5日号

関連記事

トピックス